彼らとオートバイ飛行技術 R

アクセスカウンタ

zoom RSS 助けようとしない

<<   作成日時 : 2006/06/03 22:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

帰宅してほっと一息と、TVをつけたら「世界で百人の…」という番組がやっていた。

ちょうど、カカオ農園で働き続ける兄弟、「チョコレートって何?」という話が始まったところだった。

内容は幼い兄弟が、厳しいカカオ農園で両親に仕送りをするために、必死になって働いているという話。兄のたった一つの宝物は「インクが出にくくなったボールペン」。弟の夢は学校に行って勉強をすること…といった内容。

こういう話を見聞きすると…ついつい、「かわいそう、助けたい」と思う自分がいて…自分の傲慢さにびっくりします。

どうしてかというと…

「かわいそう」と思うということは、その兄弟は「大丈夫じゃない」と言っていることになります。

「助けたい」と思うということは、その兄弟は「助けがなければ幸せにはなれない」と言っていることになります。

つまりは、「自分より下」と見下していることになるわけです。


そんなことより、私は、

 「チョコレートを感謝して食べていたか?」 「ココアを感謝して飲んでいたか?」
 「学校に行けることを感謝していたか?」
 「ボールペンを不自由なく持つことができることに感謝していたか?」 

安易に優位な状況に立っているからといって、上から下に見下ろして、気が向いたらお金を募金箱に入れる程度(寄付はすればするほどいいけどね。自分のためになる。人のために寄付なんていってたら傲慢)。

自分たちの生活は、働いてくれる人がいるから成り立っており、そして自分も働いている。それだけのこと。

上を見上げれば、きりがないし、下を見下げても、きりがない。


ほんとうに世界の平和を願うなら、

傲慢に人を見下して、人を救おうとして、優越感に浸るのではなく、

自分の今の状況、すべてに、一つ一つに感謝する。

ほんとうに人のために生きたいと願うなら、

世の中に悲観したり、悲劇的と思われることに同情したり、そういった威張ったことをするのでなく…

自分が笑顔でいる。自分が愛と感謝のある言葉を喋る。

世界は駄目だ、政治が悪いと言うのではなく、

世界は素晴らしいと言う。

愚痴や傲慢や優越感なんて、誰も聞きたくないし、見たくない。

誠実に感謝に溢れ、笑顔を絶やさない、どうせ会うならそう人に会いたい。

だったら、自分ができる唯一の世界平和の道は、

自分自身が、自分に対して、平和になるということのみ。


自分になにができるとか、考えるよりも前に、自分がなにをしていないのか、

自分がどれほど、感謝、笑顔、楽しむことをしていないのかに気を配る。


人に大丈夫じゃない、という前に、自分は大丈夫と笑おう。

かわいそうと、その人の可能性を否定する言葉を言う前に、自分が楽しむことで貢献しよう。


みんな、自分で選んでいるんだから。

そして、自分は、ほんとうの意味での愛と感謝を選ぼう。


どうもありがとう(^^♪

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
うちは夫婦そろってその手の番組がダメです。
でも、ほんとこの生活に感謝することを忘れがちだなって思う今日この頃。
昨日はありがとう!
マンタ
URL
2006/06/06 10:12
こちらこそ、ありがとう♪
得に利益に…なんて言ってましたが、実はものすごく利益になるんです。人の幸せ?! を願えば、(願って行動したり)、それはすなわち自分の幸せにつながるからです。そういう意味での利益ね(^^)

というわけで、貢献させてもらう機会を与えてくれてありがとう♪ より豊かで、夢のある生活を祈ってますよん♪ (貢献になってればありがたいけど…自己責任でよろ)

感謝の種は無限にあるから楽ですねぇ〜♪ 一番カンタンなのは、寝起きに「ああ、今日も目が覚めた…ありがとう」とか、ああ、今日も喋れるありがとう、鼻水が守ってくれたありがとう、くしゃみが出て身体の中がクリアーになったありがとう。おしっこが出た幸せだなぁ。 とか…ね(^^)
ユニ
2006/06/06 12:43

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
助けようとしない 彼らとオートバイ飛行技術 R/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる