彼らとオートバイ飛行技術 R

アクセスカウンタ

zoom RSS 努力しないといけないの?  今度こそカンタンシリーズ その1

<<   作成日時 : 2006/09/19 22:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

小さい頃から、私たちは、「あなたには、なにか足りないものが、あるから、努力して、頑張って、それを克服しなさい、獲得しなさい」と教えられます。

ほんとうに、私たちには、「足りない」のでしょうか?

ほんとうに、私たちには、「努力や頑張り」が必要なのでしょうか?


答えは、努力や頑張る必要はない、だと思います。


どうしてかというと、私たちは、実は「足りている」からです。

私たちは、実は、不完全な…完璧じゃない…のではなくて…。

完全な…完璧です。

ただ…自分で…「私は完全でも完璧でもない」と「思い込んでしまった」…だけです。


また、この社会には、そう「思い込んでしまいたくなる仕組み」が無数にあります。

親も、そう思い込んでしまっているので、子供にそう教育しますし、学校もそうです。

テストとか、受験とか…その人のいいところを発見する仕組みではないですよね(^^♪

またそういった人々が、社会をつくっているので、社会全体の常識がそうなっています。

なので、ここ(地球)に生まれて暮らすと、いつの間にやら、自分は不完全な

場合によっては「ダメな存在」と「思い込んでしまう」のです。


ところが、実は、私たちは、完全で完璧な存在なので…

ものすごい力を持っています。

どういう力かというと…


「自分」が「自分」だと考えた「イメージ」どおりの「自分」になることができる力です。

ここからがミソなのですが…

私たちは、自分は、不完全で、完璧じゃない、善にもなりきれず、悪もあり、汚れた部分もある…ダメで、大したことない存在である…と「自分をイメージ」しています。

…なので、イメージどおりの存在に「完璧になれる」わけです(^^♪


なので、僕たちは、「なにかを達成するには頑張らねばならない」

「努力した人が報われる」などと「思っている=イメージしている」ので、

その通りにしなければ、「達成できないし」「報われなかったり」します。


そして…もう一段階のひっかけがここにも用意されていて…

努力・頑張る…は「自分のしたくないことをする」行為です。

楽しくて、夢中でやっちゃった…ってのは努力・頑張りではありません。他人からは努力してるように見えても本人にそんな気はないのです。

そう! 努力・頑張るをする=したくないことをする=ストレスが溜まる

ストレスが溜まると病気になります。気が病うのです。だって、やりたくないことするんですから、なりたくない自分を演じるわけですから、自分を否定することになります…そして、その自己否定のイメージどおりの現実…「病気」という状態に、「完璧になれる」のです。


努力する人 = 偉い とか思われてるふしがあるので、努力できない自分に直面すると(当たり前なんです、努力できない・頑張らない人のほうがずっとステキな人なんです)、「罪悪感」を感じちゃったりします。そして、どんどん、自分のイメージを下げていってしまうのです。

長くなってきたので、そろそろ切り上げにかかります(^^♪


努力や頑張る必要はありません。

自分は、完璧で完全な存在であったってことを「思い出していく」だけでいいのです。

自分は、できるんだってことに「気づいていく」だけでいいのです。

自分が、本当に「やりたいこと」を好きなだけやる、それでいいのです。

そうすれば、思い出していくし、気づいていくんです(^^♪


私たちは、完璧で完全な存在なので、やりたいことはなんでもできます。やりたくないことはしない方がいいよ(^^♪

どうもありがとう(^_^)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
努力しないといけないの?  今度こそカンタンシリーズ その1 彼らとオートバイ飛行技術 R/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる