彼らとオートバイ飛行技術 R

アクセスカウンタ

zoom RSS 助かりたくないの?

<<   作成日時 : 2006/09/05 11:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

とても不思議なんだけど…どうして多くの人は助かりたくない、幸せになりたくない、と思っているんだろうか?

助かりたいってのは、苦しんでることから解放されるの意味です。


どーも、好きで苦しんでいる、としか考えられない。

たとえば、傍から見てると、その人がどうして苦しい思いをしているのか、

「よくわかるんだけれども」、それを指摘しても、当人は、やめようとしない。

「わかっちゃいるんだけど」という答えがかえってくることもある。


まぁ、以前にも強烈にそのことを体験したことがあるので、

人は、本人が「その気」にならない限り、絶対に変わらない、のは分かってるんだけどね。

そして、それなのに、「苦しい」とか「つらい」とかの発言があって、

だから、ここをこうすればいいんじゃない? といっても、変わらない。

つまり、苦しい、辛い、現状に、一定の満足感を覚えているみたい。


これは、とても重要なポイントだと思うんだけど…

人は、自分のセルフイメージをなかなか変えることができないようだ。

人は、自分のセルフイメージがカンタンに変わることを知らないようだ。


答えはもう出ていて、この世界、とそして、自分との関係性は

自己のセルフイメージ = この世界 & 自分 ということになる。

物質的に同じもの、同じ光景を見ていても

「自分が変われば」、「見えてくる世界が変わるんだよ」 (今も実体験中)

明らかに僕の周りの景色は違ってきている。

例えば、通勤の道でも、「いつもと同じ道」を通っているのに、

「発見するモノ」「受ける印象」いや「道そのものが輝いて見えることもある」くらい。

街路樹に気づかなかった > 街路樹のある道の美しさを発見 > 街路樹自体も元気な色に見えてくる

という感じだろうか…。絵葉書のような道を見て「わーきれい」ではなく、なにげない自分の周囲が「どんどん美に包まれていく」そんな感じ。

だから、

僕の周囲にいる人の「顔が良くなってみえる」

実際に良くなっているのかもしれないけれど

僕の目が、脳が、「良いところ」を見るように変わってきているので

「良い瞬間」が見えてくる。


まさに、ここは鏡の世界で

自分(セルフイメージ=自分が自分だと思っているモノ)が変われば、鏡に写った自分(他人とか景色とか世界)も変わる。


今回はグチです。ごめんなさい。


でも、ほんと、どうして、みんな、幸せに、なりたいと思わないのか。

どうして、苦しい現状に満足してしまうのか。


この呪縛。

どこで、どうして発生しているのか、

その仕組み、そのカラクリ、知ってる?


想像以上に根が深いみたいだよ。

想像以上に深刻なんだよ。


でも、大丈夫。

ひとりひとりが、自分の中の光に気がつけば大丈夫。

まだ間に合う。


もう、自分で、自分を苦しめる必要は、ほんとうに、ないんだよ。

ほんとうの自分をとりもどせ。

ほんとうの自分を思い出せ。

何万年、何百万年の記憶を遡れ。

リメンバー…。

メンバーであった時代(今もだけど、ただ忘れている)。

あの時のことを、この稀有な「時」に生きている今、思い出そう。


よんでくれて、ありがとう♪

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
助かりたくないの? 彼らとオートバイ飛行技術 R/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる