彼らとオートバイ飛行技術 R

アクセスカウンタ

zoom RSS 祖母のこと その2

<<   作成日時 : 2006/10/24 23:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

祖母は土曜日に他界しました。

老衰で、肺炎にかかることもなく、静かに息を引き取りました。91歳の大往生でした。

木曜日に召集がかかった時には、親戚(祖母の子供)一同が会しており…重い雰囲気が…ってことは全然なく…笑い声が聞こえるくらいでした…。

死は忌避すべきものではなく、形態の変化であるという認識があったためかどうかは知る由もありませんが…年齢のこともあり、みなが納得?! していたことも大きいと思います。

また、本人も意識があるわけでもなく、苦しがる様子もさほど見られなかったという点も大きかったとは思います…。


家族葬(子供が6人いるし、孫やひ孫までいるので案外賑やかでしたが(^_^) )ということも決定していました。

葬儀屋さんにお願いしたのですが、とても対応がよく、落ち着いた、和やかなお葬式でした。

誰に伝えたわけでもないのですが、それでもお通夜には何人かの方が見え、またお葬式も同様でした。

みな口々に…「本来のお葬式はこうあるべきだよねぇ」なんて話していました。

笑いあり、涙あり…で過ぎた2日間でした。そして、大して気を遣うこともない、とてもゆったりとのんびりしたお葬式でした。

祖母は人一倍、気を遣う性質だったためか…

親族のみんなにとって一番都合のよい、土日の葬儀となるよう頑張ってくれていたようでもあります。また、ほとんどの関係者が生存中に会うこともできたという気の遣いよう?!


住職は、女性だったのですが…この人がこれまた、とても一生懸命で、繊細で、お経を聞いていて、すごくリラックスできました。女性の住職ってのもいいものですねぇ♪


とりとめのない文章ですが…大体こんな感じでした。合掌。


どうもありがとう♪

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
肺炎や負血症でなく、老衰で大往生というのは…またものすごく穏やかな幸せな死でしたね。良かったですね。おばあさま、心穏やかに旅たたれて本当に良かったです。これからしばらくは皆さんの事を見守らなければならないから、きっとお忙しくなるでしょうね。私も穏やかな死で静かにゆったりと逝けるように生きようと思います。ユニさんもこれから寂しくなると思います。健康に気をつけてね。では、また。
キョン
2006/10/25 09:47
穏やかに・・いい行き方だったのね。
それって幸せなことだよね。
マンタ
2006/10/25 22:37
キョンさん>
ありがとうございます(^^♪ 彼女は最終的には特養に入っていましたが、珍しく「怒り」が残ったのではなく、「笑い?!」が残ったようです。多くの場合は、認知症が進めば進むほど、「怒り」だけが残るらしいのですが…(とうちの施設に実習にきている人に聞いた)。やるな! おばあちゃん! と思いました。

ただ、人のことを気にしすぎていたようで(それが認知症の原因だと考えています)、もう少し、自分自身に「与える」ことをしてくれていたらなぁ、と思います。

愛することよりも、愛されていることを受け入れるほうが難しいのかもしれません。また、「幸福になる」ことの恐怖というのは、根が深く、自分がどんどん幸せになることに対して人は大変恐れる傾向がありますからね…。

なにはともあれ、ありがとうございます(^^♪
ユニ
2006/10/25 23:17
マンタさん>
そうですね〜(^^♪ 穏やかではあったと思います。うちの母の時は、ちっと辛い部分もあったけど本人は(本人自らが希望していた、入院するようなことになったら痛みは感じないようにしてほしい、という状態が叶えられ)、モルヒネ?! (だと思う)で、意識はなかったと思うので、楽にいけたんではないかなぁ…と思いました。かなりの末期ガンだったのですが、激しく苦しむようなことはなかったと思います。

そういう意味では二人とも、自分が望んだような死だったのかなぁ?! もう、今となっては知る由もありませんが…。

ありがとうございます♪
ユニ
2006/10/25 23:20
家族葬っていいですね。変な義理がなく親しい人だけ…てのにあこがれます。(なので沖縄に飛んだわけですが)
老衰、これまたうらやましい。おばあちゃん、幸せでしたね♪
ゆきんこ
2006/10/26 10:05
ありがとうございます(^^♪ 家族葬のメリットは、ゆっくりのんびりと、故人を偲ぶことができるという点だと思いました。

ただ、死を受け入れられない場合は、かえって、通常の葬儀の「あわただしくて悲しんでいる暇がない」っていう状態の方が、楽かもしれません。状況によって使い分けるのがいいかもですねぇ〜♪
ユニ
2006/10/26 12:51
家族葬かあ〜親戚が中がよいからいいのではないだろうか。家みたいに関係が疎遠だと逆に重々しい…気がする。まだ一週間たってないので近くにいらっしゃるのではないですか?
ribi
2006/10/26 22:21
そうだねぇ。見てるかもしれないね(^^♪ ただ、最近は霊界というシステムがなくなったというもっぱらの噂だから、ひょっとするともういないかもねぇ〜♪ 真宗でいうところの即得往生の世界になってきているのかな? (よくわからんけど…)

因みに浄土真宗は、即得往生だから、「冥福は祈らない」みたいね(^^♪ なるほど、どうりで首相とかは「哀悼の意を表します」というわけだ(この表現ならどの宗教でもOKだから)。
ユニ
2006/10/26 23:15

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
祖母のこと その2 彼らとオートバイ飛行技術 R/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる