彼らとオートバイ飛行技術 R

アクセスカウンタ

zoom RSS 世界が変わる

<<   作成日時 : 2006/10/11 00:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

この数年で僕の世界は劇的に変わりました。

同じ町並み、同じ仕事場、同じ家、なのに、全く違う世界に来たかのように新鮮で瑞々しい。気づけば周囲には笑顔が溢れているし、人々の顔も美しい。

変わったのは自分自身。

この世界は斜めに交差した、織物のようなもので、一瞬一瞬の選択によって、どんどん違う世界に行くことができる。

SFでよくあるパラレルワールドってやつに似ていて、それを実は自在に行き来しているみたい。

つまり、この世界は、すべて、個人の主観の中にあって、自分の投影がこの世界の現状であるともいえます(よくいう鏡の世界ね)。


なので、誰の何も、責めることはできません。

現象のすべても、責めることはできません。


なぜなら、すべては、自分自身の選択にかかっているのだから…。


そこには過去も未来もなく、すべては永遠の今があるだけです。


ただ、3次元に身をおいている我々には、時間はあります。

ただ、ほんとうの現実は、時間がありません。


さて、現在はとても特異な時間と場所です。

すべての流れが加速しているのです。

地球自身のスピードが上がっているのです。周波数が上昇しているといってもいいです。


そこに乗っかっている人類だけが、そのことに気づいていません。


で、このままだとどうなるか…。

スピードについていけなくなる可能性が高いです。みんなが時速100kmで走っている高速道路を、自分だけ、スピードダウンしていっているようなものです(実際は、自分は同じスピードで走っているのだけれど、みんながスピードアップしている)。

どうなるかは想像がつきますよね?!

でも、少し安心できる兆候としては…、そのことに気づいている人がどんどん増えてきているということです。それは、最近の本のブームを見れば分かります。今、なぜスピリチュアルブームなのか…(まだ終ってないよね?!)


さて、ではどうしたら、乗り遅れないでいけるのでしょうか…。

答えは常に内にあります。

答えは常にあるのです。ただ、それに気づくかどうか、だけです。


そして、これも重要なことですが、一歩一歩進めるしかないのです。

まず第一歩は、「幸福」です。幸せにならねばなりません。


幸せになるってのは…条件ではありません。〜があるから幸せではないのです。

今、現在が、既に幸せであるってことに気づくかどうか、ってことです。


そして、ここからすべてが始まります。


幸せであり続けていくと…人生が流れていきます。

深呼吸して、周りの音に耳を澄ませてみましょう。今まで気づかなかった音に気がついたと思います。

我々は情報の大半を見落としています。


自分の感覚をシャープにしていくことによって、様々なところに、「偶然の一致」を発見するようになります(意味は自分で調べてください、シンクロニシティで検索するといいと思います)。

そして、それに勇気をもって飛び込む(選択する)のです。

すると、様々な出会い(情報含む)、がもたらされます。


すると、どんどん、自分がクリアーになっていきます。

すると不純物が少なくなるので、今まで見えなかったものが、どんどん見えてくるようになります。


自分の周波数があがってくるのです。そうすると、それに見合った、お題やお呼びがかかります。

逆に言うと、自分の周波数があがらないと、「いかに素晴らしいものが紹介されていても」それに「気づくことができない」のです。芸術なんかと似ています。



僕自身、実際体験していることで、現在も体験中なので、よく分かるのですが、数年前の僕では、絶対に気づくことができなかった、理解することができなかったのです。

それは、僕自身の周波数が低かった。つまり、僕は僕自身をきつく束縛していて、視野狭窄状態にあった為、周りにひろがっている世界を見ることができなかったのです。


言い方をかえると…

昔の僕は、マンションの1Fに住んでいました。今は3Fくらいに住んでいます。1Fに住んでいた時には見えなかったものが見えるようになった。というだけの話です。

そして、3Fに住んでいて、5Fに移ったのでは、1F、2Fの世界で見えるものは分からなかったと思います。だから、僕は1Fから始めたんだと思います。

ただ、1Fを抜けるまでに30年近くかかったというだけのことで…。

そして、この高層マンションは…どこまで続いているのでしょう。きっと宇宙の中心まで続いているんだと思います(^^♪

因みに階数が上がると物見遊山に1Fに来たとき、戻るのが大変なので、羽(翼)が生えてくると思います。

そして、更に階数が上がると、ボディ自体がより希薄になっていくと思います。

翼が生えるころには、「時間」と「空間」の束縛からは離れているかもしれません。


我々は、「東京から大阪まで「移動」しますが」…ある程度までいくと「位置する」という概念に変わります。

実は、我々は、「東京から大阪まで「毎瞬毎瞬」、「位置しなおしている」」だけのことなのですが…(^^♪


って、またわけわかんない話になっちゃいましたね(^^♪ でも、今の僕にはわけわかんない話をする必要があるんだと思いますので、許してね(^^ゞ


どうもありがとう♪

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
なぜ、僕がこんな人を見下したような?! 書き方をするのかというと…。

多分、これは僕に必要な「癒し」なんだと思います。なので、今の僕は、こう表現するのです。読まれている方は、さぞ不愉快かもしれません<(_ _)> 謝罪と感謝の気持ちでいっぱいです。
ユニ
2006/10/11 00:31
 こんばんは。再び、訪れてしまいました。自分自身の位置をかえると物の見方が同じものなのに違ってみえてきたりする。

 住んでいる環境であったり、人間関係(夫婦の関係もね…)も違ってみえたりすると、自分にとってマイナスであることも案外プラマイゼロだったりするんだよね。

最近、会社でトラブルがあっても視点をかえることによって自分が楽になるから、逆にそれを面白く感じるようになってしまってね。ユニさんの事も自分なりに理解して今夜も読んでしまいました。
 また、おじゃまするかもしれません(^^)
びすくん
2006/10/11 22:20
こんばんは(^^♪ 「それを面白く感じる」ってのはスゴイですね! うーん、かなりの達人とみた!(^^)

自分自身の位置をかえるってのも自分を客観的に観察しているってことだし、やりますねぇ〜♪

こういう出会いがあるって、ブログって素晴らしいですね(^^♪ インターネットもありがたいなぁ。ほんと。

わけわからんこと多くて、しかも殴り書きしてるので支離滅裂なことも多いですが、よければまた来てくださいね(^^♪
ユニ
2006/10/11 23:05
ユニさん横レスすいません。
びすくんさんは知らない方だったのね!
「こころのぴーなっつ」へもコメントありがとうございました。良かったらまた来てください。
マンタ
URL
2006/10/12 21:50
マンタさん>
れれ、実は知り合いだった? あはは。どっちでもいいけどね(^^♪
ユニ
2006/10/12 22:21

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
世界が変わる 彼らとオートバイ飛行技術 R/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる