彼らとオートバイ飛行技術 R

アクセスカウンタ

zoom RSS AV烈伝

<<   作成日時 : 2006/10/14 14:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 9

感動しました!!

本屋に行って、なにも考えずにふらふらしていたら…ふっと何か気になるものが…。

僕は、「いい本」とか「必要な本」がわかるんです。で、そういうものに出会うと、躊躇わずに買うことにしています。

目に留まった本は「AV烈伝」という、アダルトビデオ業界の監督やら男優・女優のドキュメント・コミックでした。

本に触れてみて、「うん、これは素晴らしくいい本だ」というのが確信できたので買うことにしたんですが…。

お金が300円しかない…。あ、でもポイントがあった…僕は一年に一度ポイントを清算します…するとこの本屋でいくら本を購入したかが分かるからです。ポイント還元率は1%で、1ポイント1円で計算されます。

よし! ほんとは年末までとっておきたかったポイントだけど、どうしてもこの本が欲しい、使おう! と心に決めました。

ほとんどがアマゾンで買うようになってから、本屋さんにはあまりいかなくなってしまい、本屋さんで本を買うことも少なくなってしまったのですが、それでもなんとか900ポイントあったので、無事に2冊買うことができました(^^♪

(僕に搭載されている良書センサーがグレードアップして、タイトルとかで分かるようになったので、必ずしも本屋さんでなくても良書にめぐり合えるようになったのです、ただ、本屋さんに行ったほうが、より確実な部分もあるので、本屋には行かないわけではありません)

そして…早速…読書開始。

今、2冊目を読み終わりました。


泣きました。もう、ボロボロです。

すごくいい本でした。今月読んだ本の中で一番泣いたと思います。

「解放」とか「癒し」とかがキーワードになっています。

今の時代(今、解放とか癒しっていってると少し遅いかもしれませんが(^^ゞ でも避けては通れないので…)に

ぴったりマッチしています。今の僕にといったほうがいいかな?!


引用するのは得意ではないのですが…

 「オーガズムは「エゴの死」なんだ」

とか凄い言葉も溢れています。

(因みには、僕らは、エゴを離れてエヴァを目指してるんですよ(^^♪ )

確かに僕もセックスでオーガズム(男も失神するらしい)に達したことはありません。

僕の心に纏っている鎖はまだまだほどけていないのです…。




(性に対して、開放的でない、非文(進)化的な方はここから先、読まないほうがいいです)


またビックリしたのは、ここで紹介されていた女優さんのビデオを僕が見たことがある。

ということです。

それは凄まじいビデオで、僕は性的に興奮することはできなかったのですが…

 女性二人は恋人同士で(実際に)、エッチ?! なことをして楽しむというドキュメンタリー?! ビデオだったんですが…

 これがなかなか凄いんです…

浣腸して、出た便を食べたり、尿を飲んだり…まぁこれくらいなら…仕事の現場でも見慣れている光景なわけで…どうということもないのですが…。

片方の女の子が、ケーキとかいろいろ食べるわけです。

で、もう一方の女の子が床に寝転んで…するといろいろ食べた女の子が寝転んだ女の子を跨いで立って…口に手を突っ込み…

ゲロゲロゲロー…

寝転んだ女の子は口を大きく開いて吐瀉物を飲み込んでいく…。


凄まじい光景で…一緒に見ていた友人は吐きそうになるし…

でも…なんていうか…凄惨なビデオではあったのですが…

見終わった後には、「愛を感じた」…と思ってしまったわけです。

違う友人も、ビデオをみた後「愛を感じた」ともらしていました。

性欲の処理ができるようなビデオではありませんでしたが…(そういう意味ではAVとしては失格なんだろうと思う…借りてる僕たちも、「ホラー映画感覚」で借りているので、需要と供給はマッチしている?!)。

ところが…B級・C級のホラー映画のつもりだったのに…A級のパンチを味わわされた…、なんのことはない…それは「愛の記録」だったということが、なんとなく感じられました。

10年以上前の話ですが…、そのビデオの女優さんが、作品の中にちょろっと出てきました…。うーん、ここに繋がっていたか…。

ご安心ください。本の中には、こんな過激な描写はあんまり出てきませんので(SMとかに拒絶反応を示すような非文学的な方だと、読めないかもしれませんが)…。


超お薦めの本です!!


 「AV烈伝」 1〜6巻 井浦 秀夫  小学館 505円+税

どうもありがとう♪

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
因みに…この本には出てきませんが(似たようなことが出てくるけど)

ハートがオープンになってくると…

着衣のまま抱き合っただけで…オーガズムに至り失神することもあるようです。進化したセックスというのはこういう状態になってくるのでしょうね(^^♪
ユニ
2006/10/14 14:42
そのビデオ見たことありますわ〜
自分も…
2006/10/16 10:39
初めまして(^^♪ 

すごいビデオでしたねぇ(^^ゞ 行為の内容や映像そのものよりも…二人が作る「場の雰囲気」がすごい…と思いました♪
ユニ
2006/10/16 20:08
内容はすごそうだけど…楽しみにしてます♪
大丈夫かな(~_~;)
ゆきんこ
2006/10/16 22:30
近日中にもっていくねん(^^♪
ユニ
2006/10/16 23:20
いえいえ、初めてじゃないですよ!
ちょっと恥ずかしくってHN書けなかっただけですw
そのビデオ、ユニさんの家で見たのかもしれません。

やっぱ行為はすごいですよ〜
愛し合っていてもできない事してますからw
二人は愛し合ってるんだな〜ってのは感じましたね。
自分も…
2006/10/18 03:14
なるほど(^^♪ 大体、想像つきました♪ って僕のブログ読んでくれてたんですね。そのことに感激しました(^^ゞ

そうですねぇ。一種の「愛の形」は感じましたねぇ〜。「信頼」っていうのかな…。できれば、それが、すべての人、すべてのモノにできるようになれたらなぁと思います(^^♪
ユニ
2006/10/18 14:10
大体想像ついた??

正解は…ごっつです。(結局言っちゃった)
あたってました?
自分も…
2006/10/21 02:21
んにゃ、はずれてたよ〜(^^♪ あはは。あのグループだとは思ってたけどねぇ〜♪ でも、この記事の中に出てきてるのは、ごっつ君のことだよん。あはは。
ユニ
2006/10/21 02:34

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
AV烈伝 彼らとオートバイ飛行技術 R/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる