彼らとオートバイ飛行技術 R

アクセスカウンタ

zoom RSS 隣人解体工場 解説編 その1

<<   作成日時 : 2006/11/24 21:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

うちの職場に実習生の人が見えているが…

ボランティア・実習生(に話をするのが)好きな僕は、ついつい色々と説教くさいことを喋ってしまう…年だろうか…?!


さて…ありがたい隣のおじいちゃんの例をとって…この世界の仕組みを考えていきたいと思います。


・突如、隣のおじいちゃんが暴言を吐きまくった。挨拶に行っただけの現場監督を苛める。

・あまりの理不尽さに、久しぶりに僕の中で「ムカついた」という感情が出た。

・そういうネガティブな感情(「ムカついた」)は一度、出てしまった時点でもう負けなので、降参して、ある程度、感情があふれるのに任せた。(心の中だけのことね)

・ネガティブな感情の隙をついて、思考(哲学)モードに入り…状況を分析する。

・その結果、「感謝なんてとてもできそうにない相手に感謝するゲーム」を開始。

・具体的に、(さほど感謝せず表面的に)「ありがとう」と1000回くらい言ってみる。

・翌日、寝起きの隙をつかれて、再びネガティブな感情の奔流に呑まれる。

・すでにゲーム開始していたので、状況分析を振り返り、すぐに「ありがとう」と心の中で何度も呟く。

・面白いぐらいにこれは効果を発揮し、「ほんとにありがたい」と思うようになってくる。


という流れでした…。

さて…ここでは何が起こったのか…、そして…この世界は、「実は」どういう仕組みで動いているのか…。考えていきたいと思います。

が…流れを振り返っただけで…結構長文になったので… (つづく)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
隣人解体工場 解説編 その1 彼らとオートバイ飛行技術 R/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる