彼らとオートバイ飛行技術 R

アクセスカウンタ

zoom RSS 隣人解体工場 その2

<<   作成日時 : 2006/11/17 01:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

…つづきです。

以下、思考の流れ…。



・ちょっと待て、俺は、今、何をしてるんだ? > ムカついている

・そのほかには? > なにが、困ったことが起こるのではないかと、不安になり、困惑し、恐怖している。

・具体的に言うと? > 隣人が本格的に嫌がらせをしはじめる、隣人が嫌がらせをしたことによって、建築関係者がイラつく。それによっていい家が建たない…。

・他には? > 隣人が嫌がらせを始めたことにより、ヨメが精神的にまいる…。(実際のヨメは僕より遥かにタフ(誉めている)だから大丈夫だと思わなくもないが…&隣人よりも圧倒的に強いと思うが(誉めている、強い=精神力))

・困ったことは僕の人生に起こるのか? > 起こらない

・未来の起こってもいないことを想像するのはどういう結末を招く? > イメージしたとおりの現実になる (困ったこととして想定したことが起こる)

・こういう場合、隣人に対してどういう気持ちを抱くのが一番得になる? > 「ありがとうございます」

・仮に隣人と本格的に対立したとして僕は幸せか? あるいは得か? > 損だし、幸せな状態とは思えない&対立(敵対)すること=損 というイメージが確固としてあるので、確実にダメージを受けるのは僕(イメージ=現実だから)



もう一度冷静に整理してみよう。



・現実とは何だ? > 僕の心が反射しているもの、スクリーン上の映像のようなもの。

・隣人の実体は? > 僕の心が反射したもの。僕=隣人=僕

・今、僕がしてることは? > 楽しく生きるというゲームをしている。

・今回の出来事とは? > ピンチの仮面をかぶった、チャンスだ!

・どう対応したらいい? > 「ありがとう」と言おう。


よし、とりあえず「ありがとう」と言おう! 今回のゲームはそういうゲームだ。タイトルは「一方的に無理難題を言ってきた相手に、めちゃくちゃ感謝するゲーム」

よーし!! 「ありがとう…ありがとう…」 隣人の顔をイメージして「ありがとう、ありがとう、ありがとう」 笑顔で「ありがとう…ありがとう…ありがとうございます…」 ついでにその他の隣人の人もイメージして「ありがとう…ありがとう…」

と、とりあえず、1000回くらい隣人を思って、「ありがとう」と言ってみました。


普段僕は、嬉しい時〜通常状態 は楽に「ありがとう」と言うことができます。

株で1000万損した時も、「ありがとうございます、いい勉強になりました」と言いながら損益確定のクリックをしました。

これくらいは、なんでもない状態なのですが…。


今回はなぜだか、とてもそういう心境にはなれなかったのですが…妄想モードでムカムカするのを少し許して(自分に隙を与え)、その隙をついて、思考モードに入り…

強引にゲームモードに切り替え、「ありがとう」ゲームを行いました。


(つづく…)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
役に立つのか?ありがとうゲーム…。ありがとうと思ってないのに唱えるのがストレスになりそう。脳が言葉に反応してそういう思考回路に乗っかればいいけどね。心がどーーーしても反発したら逆にストレス。毒を吐きまくりたまえ。
ribi
2006/11/17 10:31
ふふふ。これはやったことがない人にはわからないのだ。フフフ。ためしに言ってみてごらん。1分で100回、10分で1000回言える。最低1000回は言ってみてね(分割払いでもOK)。分かる時は、そこで分かる。

試しにダンナにムカついた時、ムカついた心はそのままにして、ただ、事務的に、口だけでいいので「ありがとう」と声に出していってみて。1000回ね。100回でもいいけど…。

毒はほんとに毒だから…自分も周囲も壊してしまう…ほんとうに死ぬんだよね…細胞が…だから吐かない(^^♪ でも、気遣ってくれてのアドバイスってのは良く分かる、ありがとね。
ユニ
2006/11/17 21:40

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
隣人解体工場 その2 彼らとオートバイ飛行技術 R/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる