彼らとオートバイ飛行技術 R

アクセスカウンタ

zoom RSS 僕のゴーストは「もっと楽に生きろ」といっている

<<   作成日時 : 2006/12/26 23:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

というわけで、またやっちゃった(^^ゞ

かなりな額を飛ばしちゃいました♪ あはは。

今年一年の飛ばした金額は、ちょうど僕が契約した家と同じ金額だったとさ…。


でも、ありがたいです。

ほんと。

だって、そんだけ、飛ばすことが出来たんですから、借金もせずに! ありがたい!

振り出しに戻っただけなんですから(^^♪ つまり、まだ玉(お金)がある。ありがたい!!


一週間くらい前かな…遂に「降参」したのは…。

7月から僕の投資勝率は90%を超えていて、順調に儲かりだしたのですが…

最後の12月に吐き出してしまいました…。1月の1千万と合わせて、僕にとっては、

かなりの額を一年で稼いで、その同額を一年で飛ばしました。(確定申告が楽だぜい、っていうかしなくてもいいか…いやいや、損失繰越だけはしとかなきゃ…)


これは、どういうことなんでしょう?


7月からの僕の投資は、「自分を信頼する」という投資でした。

直感に従い、玉を建て、直感どおりになるまで「ひたすら耐える」

その、勝率が90%以上(厳密には99%以上だったんですが、耐え切れなくて手放すことが殆ど、損するときよりも利益が乗るときのほうが恐いもんです)


ただ、これは結構「しんどかった」です。

「自分を信じること、とのたたかいだったからです」

ともすれば「最悪の結果を想像してしまいがちになるんです」

そして、いったん「イメージを最悪なほうに持っていくと」「恐怖に負ける」と

そっちのほうに現実化します。


常に「ポジティブ」に「前向き」に「明るい未来を想像して」「自分を信じて」

を繰り返してきたわけです。何百回も。手数料も、何十万とかいうレベルじゃありません。


ただ…「つらかった」…。たぶん。

儲かっていたから、だましだまし、きたんだけど…。

僕のゴーストは(攻殻風(^^♪ )、悲鳴をあげていたみたい。


もっと楽に生きろといっていたみたい。


で、「ふりだし」に戻る。

1月の1千万のときもそう、「もっと違うやりかたがある」と

教えてくれた。その授業料が1千万だったってことで、安いもんだと(思えん!!)、思ってる。


今回もそう。

「もっと違うやりかたがある」

「もっと楽なやりかたがある」


また、振り出しにもどったといっても、正確にはふりだしじゃあない。

僕は「経験」した。「体験」した。

この、経験・体験こそが素晴らしいんだ(^^♪

そして、7月から11月まで、負けなしで、稼いだという実績もあり、

それに伴う「自信」もある。

ぶっちゃけ、今の仕事で稼いでいる月給分なら、取れる。

だけど、僕はそこを目指していない。

(なぜなら、独立したら、後ろ盾がないから…定職時代の年収の3倍は稼げないとね…最低)

(プロのトレーダーは、”休む”期間も必要なんだよね。で、休んでいる間は、収入がない、そして、支出だけがある、なので、今の年収と同額を稼いでいたのでは、全くダメ)


今回の出来事も、やっぱり「プレゼント」

プレゼントをもらったときは、「ありがとう」(^^♪ って言う。

だから、一週間前に言った言葉もやっぱり「ありがとう」。だって、それしかいえないもんね(;_;)


そして、今、この瞬間も、「ありがとう」

だって、現在=PRESENT だからね。

そしてPRESENTとは…「PRE」(あらかじめ)「SENT」(おくられていた) だからね。

つまり、すべては「予定調和」。すべては「シナリオどおり」

誰のシナリオ? もちろん、自分のシナリオ!


っというわけで、今回のことを自分なりに分析すると…

1月には、「背伸びをするな」「自分を信じろ」というメッセージ(PRESENT)をもらいました。

今回は、「もっと楽ないきかたをしろ」というメッセージだと思います。


どうしてそう解釈するかというと…

僕は、相場に夢中になってしまって、実生活が疎かになってしまうから…。

毎日、毎日、「相場」「人生」「自分」「宇宙」のことを考えてばかり…。

でも、僕は今

知的障害者の入所施設の支援員(これもプロ) という顔と。

ヨメと楽しく暮らす男 という顔と。

家を建てていただいている(大工さんやら建築会社さんなどに)ことに感謝している男 という顔と。

プロのトレーダー という顔(生計はたてていないが、そうであると自分で決定している)。

このブログを書いている人 という顔。

オートバイ、弓道…

などなどがある…。

そして、究極的には、生きることのすべての瞬間を楽しんでいる人 という顔もある。


究極的なことは、おいておいて、

すべてにおいて、一生懸命だしきった、って感じがしないんだよねぇ〜。

相場、と哲学に比重が置かれすぎていて、

支援員としての仕事(評価はされないだろうけれども、自分なりにはそこそこは顔晴ったつもり…(利用者の人への対応とか、会話とか、トイレ掃除とか(趣味だけど)、ルーティンワークとか(目指せK元支援員)…)。ただ、行事とか会議とかタイムケアなんかはすっげーさぼった(^^ゞ )は、「一生懸命やったなぁ〜」っていう充実感がないんだよね。

あと、相場に神経が行き過ぎて、弓道は、壊滅状態。バイクもツーリングの企画とかがだんだんと途絶えたし…。

ヨメについても…同様。もっと優しくできたはず、もっと気持ちを汲むことができたはず、もっと楽しく過ごすことができたはず…。でもやらなかった。やれなかった。

人間関係についても…まったく同じ。


それほど、僕は、相場と哲学に集中していた…ってことなんだけど…。

なので、トータルでは、一生懸命生きてきた、にはなるんだけど、

その力の配分を考えたらいいんじゃない? ってプレゼントだと思うわけです。


プロのトレーダーであり、プロの支援員であり、プロの哲学者(探求者)であり、プロの夫であり…etc...

つまりは、プロの「実践者」であれ、ということだと思う。


プロの実践者である、とは、つまり、人生を楽しむプロであるということであり、

人生を楽しむプロは、人生のすべての瞬間を思う存分、楽しんじゃうわけで

「余裕がない」状態にはもっていかない。

僕は、相場に対峙しすぎて、深くはまりこんでしまっていたようです。

だから、授業料を払うという、救いの手が差し伸べられた。


もっと、楽に生きるんだよ。

もっと、余裕をもって生きるんだよ。

もっと、ベストをつくして生きるんだよ。

もっと、楽しむことができるんだよ。


どうも、ありがとうございます(^^♪

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
7月から12月までは…「つらかった…けど楽しかった」ってのが正解かなぁ?

ま、これはこれで悪くない…っていうかむしろ、良い。っていうか、すげー良いじゃん!

ってやっぱ感謝しかできねーわ(^^♪ もちろん、今のこの状況も! 最高。うーん、ありがとう(^^♪ (なんじゃそりゃ)
ユニ
2006/12/27 00:25
おはようです。
昔の記事を読んで、これは完璧な人?と思ったんですけど、そうでもなくて安心?笑
いろんな面を見せてくれる人とは、話しやすいですよね。
”今を懸命に?生きていれば、過去も未来の苦しみも楽しい人生に変わる”
本でこんな言葉がありました。
傷が付いて磨かれる。大掃除をしていると、そんな言葉も浮かんできます。
”うさ”が遊んでくれと言ってます。ふふ
yuu
2006/12/27 06:42
なるほど! そんな風に見えるんですねぇ(^^♪ このブログ。いやぁ勉強になるなぁ。ありがとうございます。

僕の中で「ブログに書くことは、ポジティブなことにしよう」って決めてたところがあったんです…。でも…最近ちょっと疑問が「それってやりすぎるとネガティブの否定になるんじゃない?」って?? 人様に読んでもらえるかもしれないのに、ネガティブなこと書いちゃいかんだろ〜と思っていたのですが…それはそれで、しんどいブログになるんですね…。なるほど(^^♪ ありがとうございます。

なかなか、あるがままに、なれないでいる僕です(^^ゞ

なるほど、二つとも良い言葉ですねぇ〜。傷がついて磨かれる…うーん、妙に心に染みるなぁ。もともと前向き思考の人間だから、「傷がつかない」あるいは「傷がついたとは認めない」傾向にあるんですが…、やっぱり、傷ついたときは「傷ついた」って認めちゃうのがいいかもしれませんね…、その上で、磨けばいい…し。

エレビッツぬいぐるみに遊んでもらいます(^^♪
ユニ
2006/12/27 11:12
ユニさん、ごめんねそんなつもりじゃなかったんだけど、そう伝わる文だったね。ごめんね。ごめんね。迷って探して悲しんで喜んでって状態だから、上手く伝わらない事も多々かとおもいます。ごめんなさい。気にしないで楽しい年末をお過ごし下さい☆
yuu
2006/12/29 06:17
いえいえ、こちらこそごめんなさい(^^ゞ でも、楽しかったです、ありがとう。そしてこのコメントを残してくれたことに深く感謝します。
「そんなつもりじゃ」「上手く伝わらない事も」ってあったので、「なるほど!」と…。ただ、それでも僕は分かっていないかもしれませんが…。少しは理解できたのかもしれません?

ただ、こういう機会に巡り合わなければ、僕は僕自身がこだわっている所、気にしている所、怯えている所、に出会わなかったと思います。気づかなければ、変えれない。気づいたってことは、変えることを選べるということですしね。

どうも、ありがとうございます<(_ _)>
ユニ
2006/12/29 07:03

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
僕のゴーストは「もっと楽に生きろ」といっている 彼らとオートバイ飛行技術 R/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる