彼らとオートバイ飛行技術 R

アクセスカウンタ

zoom RSS なるほど重要なことなんだ(^^♪

<<   作成日時 : 2006/12/27 11:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

男性向けの話かもしれません(ほんとはそうじゃないけど)

こないだ紹介した、『AV烈伝』(の記事はこちら)。もうお読みになりましたか? とっても感動する本なので、機会があったら、ぜひ御一読を(^.^)

で、色んな意味で、AV関係者の方の姿を垣間見た結果…AV借りまくっています(^^♪

今は便利な時代ですねぇ〜レンタルビデオ屋に行かなくても、月に2000円ほど払えば、いくらでも借り放題で(厳密には月10〜16本くらいが限界、仕組みは自分で理解してください)、郵送されてきて、観終わったら、ポストに投函するだけ…。すごい!! (詳しくは「DVDレンタル」って言葉で検索してください)

で、40本ほどAVを観まくって?! みました。といってもごめんなさい。飛ばし飛ばしですが…(さすがに60分のビデオを60分かけてみるだけの時間はありませんでした…一生懸命製作にあたられた方には申し訳ありませんが…)


分かったこと…

 ・女優の顔やスタイルだけではいいビデオにならない、もちろん、重要な要素ではある。
 ・シチュエーション(行為・服装など)だけではいいビデオにならない、重要ではある。

うーん、おかしいなぁ。昔は、上の二つのうちどれかが満たされていたら、良かった、ように思っていたんだけど…。

今の僕は…

 ・女優が楽しんでいるか
 ・男優が楽しんでいるか
 ・スタッフが楽しんでいるか

ってところが、とても重要みたい…。

面白いことに…ある女優さんのビデオを見て、いいなぁ〜(楽しんでるなぁ)って思って、気分を良くして、同じ女優さんが出ている別のビデオを見たのですが…。

全然、よくない…。この違いはなんだ?! ってことを考えると…(多分)男優さんとの「相性」だったんですはないかな…?


因みにAV…、僕はコタツムリな関係上、1F和室で生活しています。そこには、昔ながらの家で「神棚・仏壇」があるんです。以前の僕なら、ここで、AVを見ることはできなかったでしょう。見ていても空々しい気持ちになっていたことでしょう。

性に対して、閉鎖的ではない、と思っていても、「それはやっぱりマズイだろ」って感覚だったのですが…。

神(全)=全知全能=万物の創造主(=自分(一))であるとして、

神が存在することを許したものしか、この世界には、存在していない、という定義ができます。

ということは、逆をかえせば「この世界に存在している、あらゆるもの、出来事、事件など、それがたとえ悲劇的に見えるものであっても」はすべて、神によって「許されている」ということになるわけです。

また、神が「許したもの」に対して、神が「わざわざ罰をあてる」ということもないわけです。自分で、「その存在(出来事とか現象もふくむ)」をつくっておいて、自分で「裁く」なんてこと、するはずがない。意味がないから。だって、「いやなら造らなきゃいいんですもん」。なんせ、神ですよ、ダンナ(^^♪

「神が創ったけど、満足のいくものでなかったから、消去(裁く)した」ということもないわけです。そんなことを言う人のほうが「罰当たりです(^^♪」。だって、「神=完璧ではない」と言っているようなもんですからね。

「神=完璧=間違わない=常に満足」なので、「創ってみたけど、思い通りにいかなかったから、や〜めた」なんてことはないんだよね(^^♪


「罰して」いるのは、常に「自分自身の思い込みが罰しているんだよ」。自分(一)=神(全)でもあるから、確かに「罰」というのは、あるといえなくもない。ていうかある。だけど、それは、誰か「外部のもの」から与えられたものではなく、「自分が自分に与えるもの」なんだよね。

そのことがきちんと分かると「罰」されることなんてなくなる。

人類の中に、埋め込まれた、奴隷化するためのチップは…「罪悪感」なのかもしれないね。

この「罪悪感」を埋め込んでおけば、支配者(奴隷の管理者)は、特に自分は何もしなくても、勝手に奴隷自体が、奴隷であり続けようとするから…。


…と話がそれた(^^♪

というわけで、「神棚・仏壇」の間で、楽しんでます(^^♪ どうも、ありがとう(^^♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
人と人が分かり合えるまでには、色々あるけれども、その過程が楽しいですよね。
ユニさんありがとうね。
うさの写真でも又見に来てください。
yuu
2006/12/29 08:31
人と人とは分かり合える、という定義か。
人と人とは分かり合えないという定義か。
どちらを採用するのが、その人にとって、楽しいのかは微妙ですね(^^♪
すべては同じなので、分かり合えるということもできるかもしれませんが…
すべては同じなので、分かり合う必要もないということかもしれません…。

今の僕には、人と人とは分かり合う必要はない、という定義が一番しっくりくるかな…。なぜなら、それが平和のような気がするから…。なぜなら、それぞれの立ち位置や環境によって、視野その他、すべてが違うから…会話をしていても、お互い得ているもの、感じていることは、全く違ったりね…。

そして、お互いの違う部分や、分かってない部分、勘違いしてる部分、間違っていると思われる部分、そういうのも、全部、認める…認めていく…、それが「分かり合い」なのかもしれないですね。

人と人とが分かり合う必要がない、と分かり合う必要があるのかもしれません(^^♪
ユニ
2006/12/29 12:50
なぜなら、すべての人は完璧で、すべてのタイミングも完璧だから…。

なんか、すっきりしました。そして、とても勉強になりました。そして、とても楽しかったです(^^♪ yuuさん、どうもありがとう♪
ユニ
2006/12/29 12:51
こちらに来てくれる方が、”残念だけど、判り合える事は無い”とコメントくれた事があります。自分は”努力する”事が大事だなって思ってました。判り合えなくても。
”認めていく”って言葉をみて、あぁそうだなって思いました。誰の事も否定できないし。
・・・認めるって”愛”ですね。
なるほどなぁ〜おもしろいなぁ〜♪
yuu
2006/12/29 15:40
愛…愛…無条件の愛…。
愛には条件がつかないから…悪であっても、わからんちんであっても、間違いであっても、悲劇であっても…愛は、そのすべてを愛している。なるほど、存在とは即ち愛なんだということが分かる。私もあなたも、犯罪者も戦争に携わるものも皆、愛されていて、また、愛によってできている…。
すべての感情も等価で、ポジティブが価値が高く、ネガティブが価値が低い、ということもない。
あらゆるものが等価で、あらゆるものを選ぶことができる世界に住んでいる…ゆえに…自分が欲する現実を手に入れればいい。

うーん…。なるほど…。
ユニ
2006/12/29 23:16
AV烈伝…確かに色々な世界があるなといった感想です。AVなんて・・って思ってたけど作り手にとっては、伝えたいものがあるんだなって。
で、なんで夏の景色なの?
マンタ
URL
2007/01/02 22:43
明けましておめでとうございます(^^♪
そそ。なんていうか、すごいなぁって思いました。僕が作ったらどういうのになるのかな? あはは。あと、なんていうか、いろんな意味で、僕自身、偏りある見方をしていたなぁ…ってね。例えば、僕の知り合いにAV女優さんがいたとしたら、どうだろうか…とかね。その人に対する視線はどうなんだろうか? とかね。

で、なんで夏の景色なんかってーと…。こないだまで秋のままだったので…ちょっと戻ってみました(^^♪
ユニ
2007/01/03 19:23

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
なるほど重要なことなんだ(^^♪ 彼らとオートバイ飛行技術 R/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる