彼らとオートバイ飛行技術 R

アクセスカウンタ

zoom RSS REDEMPTION SONG と IMAGINE その2

<<   作成日時 : 2007/01/10 00:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

REDEMPTION SONG を自分なりに解釈してみたいと思います。

完全に意訳ですので、ボブ・マーリィがこんなことを歌ったとは思わないようにね(^^♪

日本語訳はコチラの一番上にあるサイトとか参考にしてください



昔々、空から舟に乗ってやってきた神々が俺たちを連れていった。

神々は、俺たちの中に、あるものを植え付けて解放した。

そして、支配のシステムが動き出した。

そのシステムの名は、バビロンシステム。

古代バビロニアにあったあの塔のことだ。

だが、バビロンの塔は、外にあるわけじゃない。

神々が植え付けたもの、それこそが、バビロンの塔。

それは、「罪悪感」という塔。


この精神的束縛から、自分自身を解き放て。

バビロンの塔は、外側にはない。

自分の心の中に楔<くさび>として建っているんだ。

遺伝子に突き刺さっている10本の楔を引き抜くんだ。

自分を支配しているのは常に自分だけ。そのことをよおく覚えておくんだ。


感情を閉じ込めるな。感情を全身に流せ、

この世界には、存在してはならない感情などないんだ。

存在している現実はすべて君が許可している現実。

外側のシーンに振り回されるな。

自分のセンターを見失うな。地に足をつけて、自分が味わいたい感覚を選べ。


支配など本当はなかったことを思い出すんだ。

あったのは、ただ、解放の歌だけ。それは自由の歌。それは愛の歌。




因みに前記事はコチラ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
REDEMPTION SONG と IMAGINE その2 彼らとオートバイ飛行技術 R/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる