彼らとオートバイ飛行技術 R

アクセスカウンタ

zoom RSS どうして僕は可哀想と思うんだろう…

<<   作成日時 : 2007/06/10 23:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

結局のところ…僕は…信頼していないんだよ。

相手を…そして…僕自身を。


僕は知的しょうがい者の施設で働かせてもらっているけど、彼らのことを可哀想なんて思ったことはない…。いや、あるかもしれない、けど、ほとんどない。

彼らは、大丈夫な存在で、パワフルで、豊かな存在だと知っているから…。


僕はほとんどの人を可哀想なんて思わない…。

母親が、ガンで亡くなっていくときも…最後まで、大丈夫だと思っていたし…でも亡くなったんだけど…でも、死んでも彼女は大丈夫だと思ってたし…そりゃ、悲しかったし、辛かったけど、でも、「今までありがとう」って感謝の念のほうが大きかったし…死とはどういうことかも知っていたから…悲嘆にくれるよりも、自分自身の人生を充実させることに集中した。

母親がガンで亡くなっていくとき…彼女が「ほんとうは治ることを望んじゃいないんだ」ってある時、分かってしまった…だから…助からないのは、気づいてた…しかも…僕は助かる方法も知っていて…治る方法も知っていたけど…でも…彼女自身が助かりたくないって思ってたから…それを受け入れた…でも僕は僕で、最後まで、助かる方法、治る方法を伝え続けた。

だから、悔いは全くなく、清々しい思いが残った…。


今回は、どうだろう…。

僕は…可哀想と思ってしまっている…。

それは、僕の傲慢さであり、僕の信頼の欠如、愛ではなく、統合ではなく、分離を選んでいるということ…。

でも…どうしても、そう思ってしまう。

それほどに、僕の中で、大切で大切でかけがえのない存在ってことなんだろう…母親以上に。

でも、だからこそ、僕は、僕の束縛から、解放してあげたい。

そして、僕がしている僕自身への束縛も、解放したい。


僕はまだまだ愛の力を見くびっている…。

僕はまだまだ宇宙の力を見くびっている…。

僕はまだまだ僕の力を信頼していない。

僕はまだまだすべての生命の力を信頼していない。


こんなところまで…僕に味わわせてくれてありがとう…ほんとうにありがとう(;_;)

僕をさんざ打ちのめしてくれて…僕を恐怖に陥れてくれて…僕の自信を喪失させてくれて
…僕のやる気を失わせてくれて…ほんとにありがとう…。

そんな嫌な役回りを…演じてくれて、ありがとう…。

楽しいこと…嬉しいこと…喜び…安心…癒し…も与えてくれてありがとう…。

感謝しかできないよ…(;_;) ありがとう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
どうして僕は可哀想と思うんだろう… 彼らとオートバイ飛行技術 R/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる