彼らとオートバイ飛行技術 R

アクセスカウンタ

zoom RSS そして辿りついたところには…

<<   作成日時 : 2007/08/11 00:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

高1の夏から、悟りを開くことを目指して生きてきましたが

最近の僕の定義では…


「すでにみんな、最初から悟っている」 というものがあります。


以前からもいっていましたが…


「みんな、大丈夫で、完璧な存在である」という定義と同じなんですが…


完璧=欠けるところがない、足りないものはない 状態なわけです。


当然、悟っている状態であるわけです。



ま、今さらなんですけど…(^^ゞ


僕は「悟りを目指してた」のに、「既に最初から、悟っている」のが事実…。

なにをやっているんでしょうね。


もう少しだけ、細かくいうと


「僕」は「悟っていない」と僕自身を「定義」しているけれども


僕=既に悟りそのもの であるわけで…



既に、「悟り」であるのに、「悟りを目指す」という行為は、

「悟り」から遠ざかる…「悟りを目指している限りは、悟りを得ることはできない」わけで(*^_^*)


けれども、「悟りを目指す」ことは、悟りへの(最?!)短コースでもある(*^_^*)



面白い矛盾だと思います。



で、まぁ、そんな悟っている僕らは、なにを目指しているんでしょうね♪



宇宙(=僕ら)は、音楽しているだけなんでしょうね(*^_^*)



ちなみに…なにか特定のこれといった「答え」なんてないと思う…。

だって、そんなものが「あったらつまらない」から…

だって、そんなものが「あったら、わざわざ、僕らがこんなにいっぱい存在する必要性がないから」…

だって、創造主はまさしく創造主であって

どんなものでも創り出せる。

創造主が「不要」と思うものは、存在するはずがない。

決まった一通りの「答え」があるのなら、それでいいのなら

最初から、一人の人だけで、すべて解決する。

そうでない、ということは、答えは多様であり、

そして、その多様性こそが、答えであることを意味している。

なぜなら、創造主は完璧なので、

創造主に創造されたものもまた、完璧。

完璧でない、という状態があるということも、また、完璧であるということ(*^_^*)

そして、創造主によって、創造されたものは、創造主自体を創造しているという構造にも行き着く

全体は部分であり、部分は全体であり、

この多様性、このさまざまな波が奏でるミュージックこそが、

創造であり、そして、答えである。

すべては、バリエーション。自らを楽しんでいる(*^_^*)


なので、「答え」は

この、「存在のすべてが「答え」である」という答えがある(*^_^*)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
そして辿りついたところには… 彼らとオートバイ飛行技術 R/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる