彼らとオートバイ飛行技術 R

アクセスカウンタ

zoom RSS もう何も考えられない

<<   作成日時 : 2007/10/10 00:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

頂上近辺にきました。

考えても考えても

自分の波によって

世界が変わる…


もはや、僕の限界点です

どうすることも

どうしたらいいのか

何を選んでも間違いはない

選んだ道が正しい道

と、頭の中では繰り返しているけれど


今日みたいに、疲労のどん底までくると

いや、こなくても

選ぶなんてできようはずがあるだろうか


僕にとっては、すべてがかけがえのない

大切で

愛しい存在


あらゆる考えか方には両面から解釈することができ

そのどちらも本当に思える


一切の条件が取り払われ

そして疲労のどん底に辿りつくと

涙があふれ、子供のように泣き叫ぶ


もう

何も考えることができません

すべてをお任せします


あとは

ただ…

タイミングの神がくるのを待つのみ…


たんたんと

生きていくだけ

波にさらわれながら…


すべてを手放して

彼の声に

耳を澄まします


やるべきことは

すべてやりました


休みたい…

のんびりしたいです…

限界です…おやすみなさい


ありがとうございました

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
なぜだろう貴方の感情がそのまま私の感情になってしまう。
他人事なのに自分身に起きた事のの様な不思議な気持ちになってしまう。
多分私と貴方は精神に的に似ているからかもしれない。
弱い自分 甘える自分 迷う自分 強くなろうとする自分
でも根本的に違うところが有る。
客観的に自分を見れない貴方
自分の弱さを他人のせいにせず自分で解決できなかった結果だと思う。
でも貴方の周りには優しい人が多い思う。
それは貴方の人徳だと思う。私にない。
貴方が言ったように しょうがないじゃないか?
私もそう思う。
でもどの様な結果になったも悲しむ人がいる事受け止めて。

どの様な決断をしても強く生きてほしい。

てんてん
2007/10/10 15:49
こないだも言ったけど、僕にとっては、親であり、兄であり、友であり、と思っているので、似ているのでしょう(*^_^*)

ただ、根本的な哲学が違うので、話をしても平行線だけどね。で、一応、「反発」しておくと…(^_^)

僕の考えは、「自分の現実は、すべて、自分が造りだしている。これまで起きたこと、これから起きること、今のすべては”自分が選択した結果だ”」と思っています。なので、すべては、自己責任。

僕の弱さは、「他の人にもそれを適用しきれないところ」、つい「可哀相」とか「大丈夫だろうか?」とか思ってしまう。

そして、可哀相とか心配するってことは、「その人が完全体であると見ていない」ということで、「その人が、その人自身の力だけでは、なにも乗り越えれない、力のない、弱い存在である」と見ているということ。

そして、人に対して、未だそういう見方をしている僕は、僕自身にも「不完全で、力のない、弱い存在」と呪いをかけていることになります。

それが僕の弱さです。(つづく)
ユニ
2007/10/10 17:58
これまでは、自分との関係が薄い人には、「大丈夫だよ。君はすでに完璧で完全な存在で、足りないものも、欠けていることもなにもない。すべての現実は自分自身が創っているんだよ。だから、今の現実がいやなら、自分の「感じ方、信じ込み、思い込み、自己定義、話す言葉、行動」を変えれば、自ずと望む現実となる」と言う事ができた。

ただ、今回は、僕にとって、この人生で、最も多くの時間を共有してきた人。僕にとっての、「愛着・執着」が最も強い人。その人に対して、その人自身の完全性を認め、僕の支配から、解放することに、激しい自我の抵抗を受ける。自由を認めることが恐く、可能性を認めることが恐く、大丈夫と信じることがまだできていない。

これが、今の僕です。(つづく)

ユニ
2007/10/10 18:04

そして、もう一点、反発(^_^)

僕には、「悲しむ人を造る」ことはできない。「悲しむ」のも「幸せ」と感じるのも、すべては、当人次第。「自分の感じ方」が自分自身に完全に自由な状態である(これが自分=神(愛)であるという定義の根本)のと同様に、「”常識的にみて”一見、悲惨そうな状態」を造ることはできるかもしれないが、当人がその状況下で「どう感じるか」を僕が決めることはできない。僕が、今の状況を「幸福」と感じるか「悲惨」と感じるか、僕以外には誰にも決められないようにね(*^_^*)

ただ、結果的に、その人が「悲しい」と選択することは当然あるわけで、その場合には、それは「仕方のないこと」と受け入れるしかないとは思っています。ただ、その覚悟が、ないのかもしれません。

そういう意味では、的を射た意見(悲しむ人がいる事受け止めて)だと思います。
ユニ
2007/10/10 18:06
ちょっと反論
しょうがないを納得した訳では無く
言うことを聞かないから、しょうがないです。
それに完全な人などいないと思う。
皆寂しかったりするから引合うのだし、
思うようなならなくて絶望したり、
人に当たってしまったり、
でも皆,不完全体だから助け合う楽しみ。
一緒にいる楽しみ愛し合う楽しみ
思いやりを持つ楽しみなどが
有るのだと思う。
てんてん
2007/10/10 20:19
まずは、書き忘れから、人徳があるのはてんてんだと思うよ。みんな、てんてんが好きで、そして、あの店の雰囲気が好きだから、集った。ただ、てんてん自身が、自分自身が幸せで、豊かになることを拒んだから(自分自身の価値を過小評価した)、徐々に離れていった。今の、てんてんは、本当に自分がしたいと思ったことができてる? そして、今の状態は、望んだ状態?

僕は、自分の主張はする(ただ、曲げない、これが曲者(*^_^*))+なんだかんだいって僕の全部を受け入れてくれるてんてんが好きで、癒されたから通っていたんだと思うよ。

で、反論の反論…は、下につづく
ユニ
2007/10/10 20:31
言うことを聞かない > いつの間にてんてんは、自分の考え(常識)以外の考えを否定(認めない)するようになったの??

それ以下の文章についての反論>
あう゛〜〜〜…立ってる位置、見てる位置が違うから、議論になってない…(;_;)

長くなるので新しい記事に書きます。
ユニ
2007/10/10 20:38

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
もう何も考えられない 彼らとオートバイ飛行技術 R/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる