彼らとオートバイ飛行技術 R

アクセスカウンタ

zoom RSS 生きてりゃいいことあるもんだ(*^_^*)

<<   作成日時 : 2008/02/21 04:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

この1年、僕の周囲が激変していますが、これもすべて自分が選択し、招いたもの…
落ち込むのはそろそろやめにして、自分が幸せになることを許していこうかな。

今回のバザー絡みでもそうなんですが、僕の言動が影響して、人が傷ついたり、困ったり…
でも、だからといって、やるのか、やらないのか、と言われると僕はやる。

人が、幸せになる方向への許容はカンタンだけれども

人が苦しむ姿を見るのはほんとうに忍びない。でも、それも、その人自身の選択。
僕がどうこうすることはできない。僕には、僕の選択があるから。

僕にできることは、唯一つ。自分が幸せになること。他の人が、その人の人生において
いかなる選択をしようとも、その人の完璧性、完全性を信じて、許容すること。苦しむこと
すら。

だって僕は僕自身で生きたいし、僕以外の僕にはなれないから…。
そして、それは、他の人も同じだろうから…。

他の人にも、できれば幸せになってほしい。豊かであってほしい。楽しんでほしい。
だけど、それを僕が強制したり、コントロールしたりすることはできない。
なぜなら、全ての選択は正しいし、全ては完璧だし、存在という一点において
全てが許容されているから。その人の選択の自由を奪うことは僕にはできないから。

それが如何にネガティブな選択であっても、苦しい思いをする選択であっても
如何なる体験にも、等しく価値がある。僕にできることは、応援すること。
僕にできる範囲で、一生懸命に。ただ、強制はしない、できない。選択するのは
本人だから。そして、本人がした選択は最大限許容してあげたい。信頼してあげたい。
それが不幸に繋がるとわかっていたとしても…。いつか必ず気づくときがくるから。

もちろん、かといって、全く干渉しないわけでもない。それもまた僕の選択だから。
嫌なものは嫌だし、間違っていると思うものは間違っていると言う。
ただ、最終的な選択は許容するということ。要はバランスの問題なんだけど(*^_^*)


みなさん、ほんとうにありがとうございますm(__)m
皆さんが、支えてくれるおかげで、僕があります。ただ、ただ、感謝しています。ありがとう。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
私は目の前で起きた事柄に対して不安やネガティブな思考が先にたって騒ぐタイプ。ユニさんの行動にたいして同期となって早10年イライラハラハラさせられっぱなしだよねえ。後になっていつもユニさんの行動の裏にある思いを聞かされて敗北感を感じてへこまされるわけです。
結局のところ仲間に対して違う形の「信用」をお互いが持っているのだろうと今回感じました。なにはともあれ去年のように楽しいまつりになるといいね。
ribi
2008/02/28 14:35
ribiさん>
実は、僕は直感に従って、感覚的に選択・行動しています。「思い」といのは、「最初から計画的に」持っていたわけではなく、「どうして僕は、あのような選択・行動をしたのだろうか」と後になって分析して、そして、それを表現しているわけです。なので、僕のことを「計画的な人」とか「思慮深い」とか評してくれる人がいますが、実は、「なんも考えてません(^^ゞ 」 なので、敗北感を味わう必要もありません。僕は、ジグソーパズルのピースとして、その時々に応じて、必要なことを、ただ、(なるべく怖れずに)選択・行動しているだけなのです(*^_^*)
そうですね。ベースはすべて「愛」ですから、すべての思い、「不信」ですらも、愛をベースにしていると思います。なので、いかなるネガティブな想念も否定する必要は本来ありません。「ただ、嫌なら、選ばないようにすればいい」だけのこと(*^_^*)
ユニ
2008/02/29 12:51
ほんと、皆に支えられて「現在の自分がある」「自分の好きな仕事ができている」こと、祭りのような大きなイベントだと、強く感じて感謝することできますが、日常の些細な場面でもそういった気持ちを大切にしながら、生きたいもんです。

まつりがようやく終わりました。忙しくて余裕がなくなると自分の弱さや欠点が見事に表に現れますね。自分の未熟さに気づく良い機会になりました。

障害を持つ、持たないにかかわらず、皆が自然にふれあい、楽しみながら、考え、感じてもらう機会や場所をつくりたい!という熱い思いで学生時代に活動し、その勢いのままこの世界に就職したはずなのに…その絶好のイベントである「まつり」の存在を一瞬でも疎ましく感じてしまった自分を反省したりもしますが、お客さんとしてだけでなく、ボランティアや空手などで、たくさんの子どもたちが、まつりを楽しみ、「来年も絶対来る」と言ってくれたことで、俺の中ではもう大成功なのだと言い聞かせています。
茶味夫
2008/03/12 09:24
確かに、日々、感謝しながら、生きていくって、なかなかできないですよね…僕は身の回りのものや自分の身体に感謝するところから初めてます(^^ゞ

確かに、忙しくて余裕がなくなると自分の嫌なところや未熟なところが目につきますが…それはそれで受け入れていくのも一つの手だと思うようになりました…反論ばかりしてごめんね…でも、ほんと、自分にはできないことがいっぱいあって、それは「自分がしなくていいこと」なのかもと思うようになりました。すべて「自分がしなくては」ってやってると疲れちゃう…疲れちゃうと余裕がなくなって、「自分じゃない自分になっちゃう」ただそれだけのような…、ほんとの自分は、なんだかんだいって、優しくって、豊かで、愛に溢れていて…って感じなんじゃないかと思う。ただ、「余裕がないだけ」で…。

僕は今回、完全に部外者だったし、茶味夫さんを全く助けようともしなかった。ごめんね。でも、なにか、頼まれたら、それがなんであろうと、喜んで、全力でやろうとは思ってたよ(*^_^*)
ユニ
2008/03/12 23:03
まつり本当に、お疲れ様でした。改めて、すごい人だなぁ〜って尊敬しました。同時に、あ〜僕が同じ立場でなくてよかったぁ〜ってのも正直なところです(^^ゞ いや、ほんとすごいわ(*^_^*) おつかれさん、そして、ありがとう♪
ユニ
2008/03/12 23:03

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
生きてりゃいいことあるもんだ(*^_^*) 彼らとオートバイ飛行技術 R/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる