彼らとオートバイ飛行技術 R

アクセスカウンタ

zoom RSS 逃げ出した!

<<   作成日時 : 2008/05/09 01:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

というわけで、この間から、僕の担当の方が無断で施設を出ていくという展開になってきました。

自閉症の方で、こだわりからなんだけど…

一回目は…服破き→新しい服→服破き→上半身裸でコンビニへ

 いないことに気づいて探しにいったんだけど、タッチの差で警察に(^^ゞ

翌日…またまたコンビニへ→たまたま他施設の職員がコンビニで買い物していて連絡くれて

 しかしレジの中に入って、欲しいものを…って一般の人からみたら犯罪ですから(^^ゞ

さらに翌日…またまたコンビニへ→すぐに気がついて、コンビニで保護(^^ゞ


僕は僕で、始末書やら上司へ連絡やら、コンビニへ謝罪やら、エキサイティングなGWでした(^^ゞ

で、検討会議を明日することになったんだけど…


資料はつくった…ちょっと、「僕らしい」資料になってしまって、職員の人は引く(どん引き)かも

しれないけど…楽しんで作らせてもらった。


そう、行き着く先は、「愛」になると思うんだよね…でもこれってみんな同じで…

僕のヨミでは、彼に必要なのは「愛」…なんだけどさ…うちの施設、おかげさまで結構なんだかんだいって

「愛」には溢れてると思うんだけど、「きちんと機能」していないのも確か。

そして、その問題の根本には、職員一人一人の「愛」の問題が隠れていて…。


まぁ、長いこと施設にいると、職員も利用者も屈折するんだけどね…

感情的にもなるし、やるせない思いにもかられるし、自分の都合のいいようにコントロールしようとしたり…

でも、それも、究極的には「愛がカタチを変えたもの」…ってそれは、この世界のすべてにおいていえる

ことなんだけどさ…。すべての悪も…ね。根元は愛さ。


とどのつまりは…

「自分が”無条件”に愛されている」ことを知り、認め、確信すること

「自分を”無条件”に愛する」ことを自分に対して許すこと

がポイントなんだよね…

僕も含めて、職員全員が一人一人、このことに正面から向き合っていかないと

問題はなくならない…。


・仕事だから〜  ・義務だから〜 
・プロとして〜ねばならない
・彼らのために〜

↑ こんなのが効果を発揮するのは、短期間か、条件が整ったときか、
自分の身体や心の限界がくるまでの話であって、いずれ破綻することは
目に見えている。


自分の中に、大きな闇を抱えたまま

善人ぶったって、

意味ないよ。

問題を直視してる分、悪人のほうがマシなくらい。


この「愛」の問題に対して、最早、無視することが難しい時代になってきた。

もう祭りはクライマックスだかからね。これからは、みんな、予想もしなかったような

自分の中の闇が出てくるよ…でも、それは、出してしまって構わない。

出てきたってことは、乗り越える準備が整ったってことだから。

今までは、灰汁が出るレベルまで達してなかったってだけのこと。

自分の闇を怖れずに、まっすぐに見据えて、立ち向かっていこう。

見るのを怖がってるから、想像以上の化け物になってしまうんだけど

勇気を出して、まっすぐに見据えたら、化け物はそこにはいない。

怯えて吼える子犬がいるだけだから(^^)


さあ、明日の会議はどうなるかな? ワクワクするなぁ。

彼にとって幸せな選択が、できるといいな。 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
逃げ出した! 彼らとオートバイ飛行技術 R/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる