彼らとオートバイ飛行技術 R

アクセスカウンタ

zoom RSS とうかだよ

<<   作成日時 : 2008/11/03 23:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

ぼくが、つまんないなぁといって過ごした一日も

昨日、死んだ人が、なんとしても生きたかった一日なんだよ


なんて、言葉を聞いたことがある。

だから、今日という一日を大切に生きようってことなんだろうけど…


聞いた瞬間は感動したけど…

でも、なんだか少し違和感が残る


思うに、すべての、時間、過ごし方、人生は、等価なんだと思う。

上等な人生も、下等な人生もないと思う。


あらゆる人の あらゆる時間は、 等しく同じだけの価値を有していて、

それが、いかに「つまらない」ものであったとしても 「悪」であったとしても

価値は同じ。


すべてが、等価だから、

すべての、「選択肢は自分にある」


そう、なにを「選んでもOK」なのが

この宇宙のしくみなんだと思う。


もし価値のある生き方というものがあるとしたら、みな、それしか選べなくなってしまう。

そもそも価値のないものは、存在することはできないんだ

だから、存在しているものは、すべて「価値がある」

だから、存在しているものは、それがたとえ、どんなに、醜くても、汚くても、つまんなくても

価値がある。許されている。認められている。


ゆえに、あらゆるものを選択することができる。

誰も、あなたを、傷つけようとか、不幸にしようなんて思ってない。


すべて、自分が選んだこと。

どんな出来事も自分が創り出し(相手がいる場合は、お互いに(深いところで)承認しあっている)たもので

「自分が体験する出来事のすべてを選ぶ」ことができる。

等価だから。


「体験すること」この一点のみにおいて、この世界ができているから。

幸せになりたければ、幸せでいたければ、そう選択すればいいだけの話で、

不幸になりたければ、そう選択すればいいだけのこと。


そして、その選択は、「今ここから」はじめるしかない。


そして、これまでの、選択を悔やむ必要もない。

すべては等価だから。

もう、そうなりたくなかったら、今から、そうしなければいい。


今、どうなりたいか。

今、どうなるか。


ただそれだけ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
等価・・・なるほどね。
自分の人生は自分の選択によって切り開かれていくそんな感じでしょうか。
マンタ
URL
2008/11/06 13:11
そんな感じですね(^^)
いつも、常に、すべての瞬間で
現実を創造しているのは、自分なのですが、
それに、気づいていようが、いまいが、
創りつづけてて(でないと「生きられない」)
その仕組みに気づき、意識的にそれを活用すると
いうことですね(^^)
誰もが、「今」そして「これまで体験してきたこと」「これまでの人生、これからの人生」すべて、
自分が選択(創造)したものの「結果・反映」であるわけで…
今が、気に入らないなら、
今、こころから、変えて(気づいて、選択していく)いくしかないってことですよね
わかっていながらも、
まだまだ、虚構に踊らされてる僕です(^^ゞ
ユニ
2008/11/06 22:30
・・・だから、恐れずに自分の今を楽しんで生きるって事ですね?
キョン
2008/11/08 14:00
そうですね。でも、自分は、恐れてばかりです。
もはや、何に恐れているのかも分からなくなってしまうくらいです。
仕事を辞める必要があると感じているのに、踏み出せない。踏み出したら楽なんでしょうけどね。
んで、イライラする。
んー、んー、どうしたもんだ。

今の仕事、知的障害者の施設の職員として
僕のすべきこと、そして、「したいこと」が
なくなってしまったのです。

だったら、だらだら続けるのではなくて、
次の人のために「席」をあけてあげたい
でも、怖い。なんの、根拠もないから。
やめて、生活が成り立っていくのか
家族を養えるのか…
うーん
ユニ
2008/11/08 23:46
初めてのコメントかもしれません…
自分も仕事を辞めようと思ったことが
何度もあります。
結婚前にも、結婚後にも…
よその採用試験もこっそり受かったりして
あとは家族の了承を得るばかりの
ところまでいったこともありました…
今でも「あと10年若ければ…」と
思うことも正直あります。
「勇気がなかった」と言われれば
確かに、それまでかも…
入職1年目に女性のパートさんから
「あなたが辞めることは簡単だけど、
利用者は簡単にここを辞められない…」
と言われたことを、今でも思い出します。
確かに、そうなんだよね…
(つづく)




keep
2008/11/09 14:37
(コメントの続き)
もしかして
「したいことがなくなった」のではなく、
したかったことが、できそうになくなった
のかなぁ?
耳タコかもしれませんが
「みんなちがって、みんないい」…
施設が変換期にある今こそユニさんのような存在が
必要なのです。
けっして、パソコン関係のことだけではありません!
あしからず…
哲学的なことも、宇宙的なことも
(熱く語りすぎの時もあるようですが…おっと失礼…)
時には大事です。
引き止める権利もないのは重々承知ですが
頼りない先輩の一人として
コメントさせていただきました
Good Luck !!
keep
2008/11/09 14:39
keepさん、はじめまして(^^) コメントありがとうございますm(__)m

keepさんも、仕事を辞めようと思ったことがあるとは! (それも本格的に! 僕以上に(^^ゞ なんせ僕はビビッて辞表取り下げ男ですから(笑) )

温かいお言葉、ありがとうございます。胸がジーンと熱くなりました。あと、普段、keepさんとこういった話をすることがない?! から吃驚(@_@)しました。

僕自身、この記事へのコメントを書いた後でも、様々な発見、視点の変化などもあったことと

頂いたコメントを踏まえた上で、次の記事を書きますね(^^) 
ユニ
2008/11/09 22:21
小さくまとまるなよ。ついていけるところまではついていきましょう!執行猶予四ヶ月最大一年!
ribi
2008/11/09 22:32

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
とうかだよ 彼らとオートバイ飛行技術 R/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる