彼らとオートバイ飛行技術 R

アクセスカウンタ

zoom RSS 善多ければ悪多し

<<   作成日時 : 2009/01/12 21:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

と最近思うわけです。

善も悪も大して違いはなく、その両者は似たようなもので、大していいものでも、大してわるいものでもない。


では、善と悪とはなんなのか

「テンション(張り)」だと思うのです。


善を光 悪を影

善を影 悪を光 といってもどちらも同じなのですが

どちらかが、光であり、どちらかが、影である。

というのは、以前からも言ってきました。


つまりはこういうことなのです。

善の量・質が 10 だと  そこから 生成される影 である 悪も 10である と思うのです。

逆にしてもいいですよ。同じですから。


つまり、常に「バランス」していると思うわけです。


今、凶悪な事件が起きたりしていますが、

それは同時に「善人」も多くなってきた、と思うわけです。


面白いですね。


では、自分はどうなりたいのか、というと

僕は、善やら悪やらには、あまり関心がありません。


また、以前は「悟り」とか、「進化」「進歩」「成長」にも興味がありましたが

今は、あまり関心がありません。

同時に、おせっかいな「世界の救済」やら「改善」なんてものもどうでもよくなってきました。


それは、僕が、生まれてきた目的(ここに位置している)を徐々に思い出してきたからです。

まだ、はっきりとはわかりませんが、

僕は、この世界を「満喫」したかったし「楽しみたかった」ことは間違いないことです。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは♪
遅くなりましたが、今年もよろしくお願いします。
そうですね、私も同じです。
光と影がある、必ず2面性があるこの世界を、人として存分に味わうために生まれてきたんだなぁって思います。
「闇は光の母」という言葉の意味を実感して掴むのが難しかったのですが、”苦しみ”が自らを孤独に追いやり世界を狭めるものではなく、むしろ大きく拡がり繋がってゆくための、エネルギーを溜めるときなのだと気づいてからは、ほんの少し、楽しめるようになってきました。ほんの少しですが。。。(笑)
aopu
URL
2009/01/13 22:41
こんばんは♪ こちらこそ、よろしくお願いしますm(__)m
なるほど、「苦しみ」の時期を、より拡大する為のエネルギーを溜める時っていうのは、いいですね! 
ほっと肩の荷が降りる考え方ですね(^.^)

そうですねぇ、光にせよ影にせよ、モノトーンの世界に生きるよりは、コントラストのある世界に僕も生きたいです。刺激のない世界よりは、刺激のある世界。

でも刺激がありすぎて疲れちゃうときもあるけど。でも刺激(光と闇)があるから、自分がどうありたいのか、が分かりますしね(^.^) さあ、今年はどうあろうかなぁ〜♪
ユニ
2009/01/13 23:08

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
善多ければ悪多し 彼らとオートバイ飛行技術 R/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる