彼らとオートバイ飛行技術 R

アクセスカウンタ

zoom RSS 物欲モード

<<   作成日時 : 2009/07/15 00:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

というわけで、物欲モード真っ最中なのであった。

うちには、現在、大画面と呼んでいいと思われるテレビが2台ある。

少し小ぶりな液晶テレビと小さな液晶テレビと合わせると合計4台ある。

僕の平均的なテレビ視聴時間は、30分/日 ほど…。

無駄だ…orz


でも、プロジェクターが欲しいっ!!!

狙ってるのはSANYOのLP-Z3000…僕は三洋が好きだ。

といっても家にあるSANYOブランドは…エネループくらいだけど(^^ゞ

ことプロジェクターに関しては、SANYOが一番スキ。理由は特にない。


この間、東京にみんなで遊びに行った時、秋葉ヨドバシかなんかで

プロジェクターを観た。直感した。これは、家に来る(^^ゞ

確かLP-Z3000を観てそう思ったはず。携帯にメモを取ったけど

その携帯がもうないので、分からないけど、3という数字に覚えがある。


EPSONのTW4000だったかもしれないがw


物欲モード真っ最中の僕は、

110インチのスクリーン+プロジェクターを検討中。

金?   お金はない。いやある。あるが、借金も大量にあるw

貯金…ほぼ0だ。

でも欲しい。理由は特にない。手に入ったら、使わないかもしれない。

現にテレビがそうだし。フロントサラウンドスピーカーも殆ど使ってない。

XBOX360も2台あるが、あんまり使ってない。Wiiにいたっては埃をかぶってる。

山積された新品のゲーム、本当の山になった、新品の本。

ビデオカメラも2台買ってしまった。2台とも休眠中だ。デジカメも4台ある。

これも2台で十分だったかもしれない。

でも、それでも、なんでかしらんが、プロジェクターが欲しいのだ。


結局のところ…

「自分がそれがやってくることを許すことができるか」

ということと

「信頼」がキーとなっている。

お金の量や貯金の量の問題じゃない。

「自分が自分に限界を設けずに、自分自身を許容し、信頼する」

これだけが、キーなのだ。

あとは、そのことに「どれだけ集中できるか」

「集中する」ということはエネルギーを送るということになる。

「否定する」ということも(否定したいものにフォーカスしている(ピントをあわせている))集中しているということだから、それも現実化する。

集中したものは現実となる。


ということは、プロジェクターに集中している僕は、まず間違いなく手に入れるだろう。


これはもう分かってる。


もう一つの方が問題だ。

僕は今、車を持っているが、

新しい車が欲しい。現在の車も相当気に入っているし、

不満な部分はなにもない。

でも新しい車も欲しい。

次に欲しい車が…少しだけ問題。

僕の現実のあらゆる局面を見回しても、全く手に入りそうな気配が感じられないということだ。

買うだけなら、買えるだろう。でも維持ができない…。

タイヤ交換だけで、何十万とかそういう世界だしね…。

と、今、こうして披露したように

僕は、こと車に関しては、「限界を設けている」

どうやら僕の中でのブロックは、

金額の多寡によるらしい。


でも家は手に入った。

ローンで買ってもいいや、と思った瞬間に、あっという間に手に入った。

それまでは「現金一括で買う」と意地を張ってた。

でもローンという手段を自分に許容したとたん、車以上に高価なものが

一気に手に入った。


車もローンで買うということを自分に許容したら手に入るだろうが、

ローンで買うゲームは、今回はしたくない。

では、どうするのか。

どうしたら手に入るのか。


答えは明白。

自分に限界を設けず、手に入ることを許し、信頼する。

それだけなんだけどね…

それだけのことなんだけど…

まだ若干のブロックを感じる ←こういっちゃってる時点で手に入らない。


面白いゲームだねぇ。


手に入るものは、手に入るし

手に入らないものは、どうあがいても手に入らない。

手に入ったものは、必要なもの。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
物欲モード 彼らとオートバイ飛行技術 R/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる