彼らとオートバイ飛行技術 R

アクセスカウンタ

zoom RSS 人間に埋め込まれているモノ

<<   作成日時 : 2006/10/26 09:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

すべて推測ですが…。

今、うちの施設に、高齢者の施設で働いている方が、実習に見えています。その際に聞いた話なのですが…。

認知症が進んでくると…「寝る」という行為を忘れる。ベッドや床で寝るということを忘れてしまって、椅子に座ったまま眠ったりする。

大半の人が、「自我」が飛んだ後、最後に残る感情は「怒り」これだけは忘れない人が多い。


とのことです。ということは、人間に埋め込まれている「棘」の正体は「怒り」ということでしょうか? ないしは「不足感」でしょうか?

そして、それは「分離」からくるものかもしれません。「愛」の反対の概念です。


なぜ、人間は、今のこの現状を「受け入れた」のでしょうか?

現状…遺伝子操作による、劣等種の交配(大半の能力を失う)。自らを「奴隷」だと思う洗脳。


これもまた推測ですが…、「愛」から最も遠いところに位置する為、つまり、「愛」から離れたところに自らの身を置くことによって、更に「愛」に対する思いを「深めよう」としたのではないでしょうか。


と…いうことは…。


人間、であるだけで、「もう十分」なわけです。

もう、十分、愛から遠のいており、(傍から見ると)超悲惨な状況を「わざわざ選んでいる」ので、「もう十分」。

あとは、ただ「愛」に近づいていけばいい。ということになると思います。


つまり…、もう、自分を責め続けるのはやめようよ。

もう、奴隷であると思い込み続けるのはやめようよ。

もう、幸せであっていいんだよ。

どれほど、幸せになったっていいんだよ。

どれだけ、愛してもいいし、

どれだけ、愛されてもいい。

常に愛されているから、ただ、その愛を受け取ればいい。

そう、愛を受け取ってもいいんだよ。


ってことになると思います。


どうもありがとう♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
ユニさ〜ん。そうなんだけどさぁ。そうなんだけど、そして今の時代、情報がいっぱいでそんな事もいろいろ本とかになって皆、わかっているんだけど…。頭ではわかっているんだけど…体が心がわからない人がいっぱいなのが現状です。いくら言葉で説明しても、なかなか心にピタッと入っていかないのよ。どうしたもんでしょうかね?いろいろな本でいろいろ勉強していて私なんかより理屈がわかっているのに…、自分を愛せない、人を許せないで苦しんでいる人がいる。
 私は、勉強なんか全然しなかったけれど、あの日、雷みたいなのが私のところに落ちてなにもかもが簡単に理屈なしで沁みてきて目が覚めた感じ。あの雷みたいなのが簡単に来る方法は、ないのかなぁ?
キョン
2006/10/26 17:00
>いろいろな本でいろいろ勉強していて理屈が
>わかっているのに…、自分を愛せない、人を
>許せないで苦しんでいる人がいる。

あー、これ、僕だわ(^^ゞ 以前の僕と比べて、今の僕は劇的に変わりましたが…まだまだ、許せていない部分も愛せていない部分もいっぱいあるのもまた事実(こないだから思っていたんだけど…ひょっとしてキョンさんは遠まわしに僕を導こうとしてくれている?!)。

まぁいいや置いといて…純粋に質問として捉えると…。

キョンさん自身はどうしたいのか、ってことに行き着くと思います。人はそれぞれ「準備が整うまで、学ぶことはできません」。キョンさん自身も雷が来るまでは目が醒めなかったんですよね?! っていうことは、その時まで、学ぶことができなかった…その時、準備が整ったので、一瞬にして学ぶことができた…ということになります。

同様のことが他の人にも当てはまるわけで(一瞬の閃き型の人と、細かい閃き型の人とタイプは分かれるでしょうが)…どうあがいても本人の準備が整うまではどうしようもありません。
ユニ
2006/10/26 21:03
また、苦しんでいる、辛そうにしている、というのもやはり、総て本人の選択であって、自由意志です。なにものにも代えがたい「自由(=愛の表れ)」を奪うことはできないと思います。それが、如何に「救い」であったとしてもです。

本人は、その苦しくて辛い状況を「必要だから選択しているのです(無意識の場合が殆どですが)」。

まぁ、こんな理屈も分かってますよね(^^♪

で、あの雷みたいなのがカンタンに来る方法…は分かりません(^^ゞ ただ、道はあらゆる方向に伸びていることは確かなので、本を読むも良し、自然と触れ合うも良し、自問自答するも良し、人間関係で揉まれるのも良し…でいろいろあると思います。

で、僕は僕の表現として、このブログを書かせてもらっているわけです。このブログは僕自身の癒しでもあり、ブログ参加者の方が、ひょっとして、このブログの文章がキッカケになって、「気づき」が得られたらラッキー…ってな感じでやっています。
ユニ
2006/10/26 21:09
選択肢はないよりは、あった方がいい、からです。

人を助けたい、助かってほしい、と願う気持ちは分かりますが、助かるも助からないも選択するのはやはり本人。

ただ…みんな最初から助かっているので、殊更に気負う必要もないかもしれませんが…。

キョンさんは、勉強し続けておられるではないですか…特に翔ちゃんは絶大な学びを与えてくれたのではないですか? もちろん、キョンさんの周囲にいる人全員が、学びを与えてくださっているとは思いますが(^^♪
ユニ
2006/10/26 21:12
私が〜導こうとしている?まさか〜!ユニさんが、苦しんでいる?そうなの? でも病気になるほどじゃないよね? 
 こないだ、課題がいっぺんに5セットも来ました!しかも皆同じような課題。自分で自信がなかった課題だったから、びっくりしたと同時に笑っちゃいました。なにも5回も課題を出さなくったっていいのにって。私ったらやりすぎ!(^^ゞ 簡単にクリアーできたけど…(^_^)v
 
キョン
2006/10/28 16:02
んー…苦しんでいる?! どーなんでしょう。しんどい時もありますねぇ。自分を信じる、のと、恐怖との戦いはまだまだあります。

ちょうど僕も1つの課題を終えたところです。60点ってところかな…。最後の最後まで自分を信じぬくことはできませんでしたので…4日間苦しみ続けて…あと1日が待てなかった…(結果論だけど)。やはり生活とかがかかっているとビビリます。

5セットきた課題を全クリするなんて、すごいなぁ(^^♪
ユニ
2006/10/28 22:20
ユニさんのおかげもあるんですよ。ありがとうございます。
キョン
2006/10/29 17:06
光栄です(^^♪ こちらこそ、ありがとうございます。キョンさんのおかげで、どれほど学ぶことができ、どれほど癒されることができたでしょうか(^_^) これからもよろしくお願いしま〜す(^^♪
ユニ
2006/10/29 22:15

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
人間に埋め込まれているモノ 彼らとオートバイ飛行技術 R/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる