彼らとオートバイ飛行技術 R

アクセスカウンタ

zoom RSS 答えは明白

<<   作成日時 : 2007/02/13 00:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

僕は知的障害者の入所施設で働いています。

僕は、どうしたい? でしょうか。このことを入職当時に答えてくれた人がいます。

「自分が楽しいと思うことをしていれば、相手にもそれが伝わるんじゃない?」


このときから、僕の人生の指針は、決まっていたように思います。

そして、この施設内での僕の「一番幸福な状態とはなにか?」と考えたとき…これも同じ人が答えてくれたのかもしれませんが…もう覚えていません。

「みんなが幸せである」という状態が「自分にとって一番幸福な状態」である。

その「みんな」の中には、もちろん「僕」も含まれます。


約60人の利用者と約20人の職員、そのうちの1人でも、「つらい」と思っていては、最高の幸せではありません。なにせ「最高」ですから、全員が幸せという状態が最高なわけです。

そして、僕は「幸せであれ、幸せになれ、幸せになるにはこうせねばならない」と、自分にも人にも「批判的」でした。


それで、幸せになれるかどうか? 答えは明白ですよね(*^_^*)


自分がコントロールできるのは、自分だけです。

全員の幸せに貢献する、最大最高唯一の手段は、「自分が幸せである」ということです。

それ以上のことはできません。もちろん、「人を大切にすることが自分にとって幸せである」とか、「みんなの役に立つことが自分にとって幸せである」というのはありです。

ただ、それも強制や、脅迫、束縛などはありえません。

なぜなら、自分の自由意志、意思決定、選択を奪われたくないように、

誰の自由も奪えないからです。


僕は最近、怒りっぽい人に、「あるがままのほうがいいよ」と言っています…

怒ることを以前の僕は、それは不幸になると、批判していました。

今は批判はしません。怒りたいなら怒ればいいんです。

ただ、それが、ほんとうに、

あなたにとって「幸せな選択」ですか?  YESでもNOでもかまわないです。


僕は幸運なことに、最初に答えを教えてもらいました。どうもありがとう(*^_^*)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
若かりし自分の発言にちょっと荒んでしまった自分が今考えさせられる…。今でも特定利用者に注意する時に「不機嫌そうな顔されては皆の雰囲気が悪くなるんだわ」などと言ったりしますが、じゃあ、私はどんな顔で利用者の前に立っているんだろう?
反省、反省…。
ribi
2007/02/14 05:53
荒んでしまったのか、どーかは分からないけど、僕にとっては、人生の指針となるような言葉でした。ほんとうに感謝しています。ありがとうございます。
少し前まで、僕は自分がどんな顔(表情)をしているか、気にして、なるべく笑顔で、なんてやってましたが、最近は、やめました。
笑顔以外の顔を否定することになることに気づいたからです。で、一旦、笑顔であることを手放したら、逆に、以前より、自然に、意識することなく、笑うことができるようになってきました。
今は、自分のどんな表情もあまり否定しませんが、自然と笑顔を選択していることが多いように思います(え、そんなことないって?!! あはは(^^ゞ )
ユニ
2007/02/14 20:51
「あるがままでいい」と言われてからも自分の思いに沿って利用者には接しているつもりではいるのですが・・・。「怒りっぽい人」に見られてたんだなぁとややショック(>_<)そして反省・・・。
怒りっぽい人
2007/02/15 21:50
あはは♪ ごめんごめん。最近、ハートがオープンになってて、率直に観察したことを述べちゃってるんだ。ごめんね。でも、大丈夫。

あなたが実は、深い愛に溢れた人で、とってもとっても優しい人だってことは、僕だけじゃなく、全員が知ってることだよ。ただ、怒らなきゃいけないってなにか「強迫観念」のようなものに、かられているってことも確かだけどね。それは過去の自分を振り返って、自分の中の幼き子供を癒してもいいし、過去は過去。ってことで、今、この瞬間に、その強迫観念を手放してもいい。

好きに選択すればいいよ♪ もちろん、今のままでもいい。あなたは、素晴らしい人だよ。
ユニ
2007/02/15 23:11

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
答えは明白 彼らとオートバイ飛行技術 R/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる