彼らとオートバイ飛行技術 R

アクセスカウンタ

zoom RSS 生きてほしいとは思うけど…すべては本人の自由

<<   作成日時 : 2007/06/16 00:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

僕が担当させていただいている方の病気が再発しました。

急性骨髄性白血病…。3年半前にそう診断され、それから、奇跡的に、生きてこられました。

普段となんら変わりなく。

昨日、一緒に定期健診にいったら、再発とのこと。

ドクターいわく、「今日・明日かもしれないし…2ヶ月も3ヶ月も持つようなことはもうない」と…。


うちの施設は大騒ぎ。


そして…


家族(母親自体、大変な状態(ほとんど動くこともできない)なので、兄妹の方)と施設と施設の看護師と病院と…

どこが引き受けるか…でドタバタ劇


看護師と僕、病院サイド、兄妹の方は、本人にとって一番、楽で、快適な場所で…

施設サイドは…充分じゃない体制のもと(これは、その通り)、死期間近の人を受け入れたら、社会的責任が果たせない(確かにそうだろう)

病院サイドとしても…他の重症患者もいることだから、本人の性格から考えても、大部屋での入院は難しい(確かにその通り)、かといって個室なら個室で、ストレスがたまり、かえって病気の進行を早める(確かにそうだろう)


昨日から、すったもんだしてます。


担当の僕としては…そして、僕は支援員なので、

本人の意思の代行と考え、自分なりに精一杯、行動(といっても要所要所で発言しただけだけど)したつもり…


快適な死が迎えられるといいね…。


と祈るしかないです。


そして…こういう書き方をすると…すごくみんないい人に思えるかもしれませんが、

実際の現場を目にすると…かなり、醜い争いに見えるでしょう…

特に支援員は、施設サイドの対応に、様々なところに憤りや怒りを感じるでしょう…

僕も同じだから、よく分かるよ(;_;)


でも、みんな、自己防衛してるだけなんだよ…

もちろん、一見、そうじゃなく、本人のためを真剣に考えてる人もいるようにも見えるだろうけど

それは、確かにそうなんだけど、同時に自己防衛もしてる。

そして、ある人たちに関しては自己防衛こそがメインのように見えるだろうけど(だから、醜く感じるだろうけど)

それはそれで、自己以外にもいろんなものを守ろうとしている部分も否定できない


だから、悪いやつはいないし、悪気があるとも思えない。

それぞれ、立場が違い、見えているものが違い、見ているもの、価値観、すべてが違うんだから…


でも…

ほんとのこというと…

もっとみんなハートを開いてほしい。

特にうちの施設サイド。

勇気を出して、社会的責任を果たせないと糾弾されてもいいから…

僕がクビになってそれでいいってんのなら、どんなにか楽なんだろうけど

責任がかかるのは、僕じゃないからね…強くは言えない、強制もできない。

彼が一番、穏やかに死ねるような選択をしてほしい。

甘いこと言ってるのは分かってるし、管理上仕方がないことというのも分かってるけど

世間の風はそんなに冷たくないよ…冷たいと思ってそう選択・行動するから、

ほんとに冷たく感じるような出来事を招きよせるんだよ…

勇気を出して、不安と恐怖ではなく、信頼と愛を選べば、すべてうまくいくんだよ。

どうして、そのことが分からない? どうして、ハートをどんどんクローズしてしまうんだ。

それがどういう結果を招くのか、どうして、分からないんだ? って分かるわけないか…

知らないんだから…。


僕には何ができるだろうか…。


僕は彼のために、施設サイドのために、家族のために、そして僕のために、何ができるだろうか…。

僕にできることは、精一杯、僕自身であること、だけ。

僕のあるがままでいることだけ、ハートを開き続けること、だけ。

あとは、すべて、彼の選択だし、上司・看護師・ドクター・家族etc..の選択。

その選択の自由を邪魔することはできない、しない、したくない。

そして、最終的には祈るだけ…。みんなの幸せを…。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
Mさんへ…
随分と年下なのに、いつもからかうような冗談ばかりいってごめんね。あなたのことが大好きなんだよ、僕は。
あなたの笑顔が見ることができる方法は、僕にとっては、ああすることだけだったんだよ。
優しい、恐くない、と言ってくれてありがとう(;_;) 結構ヒドイ奴なんだけどね。ずいぶん救われました…。いつも助けてもらってるしね…。支援するどころか、いつも支援してもらって、ほんとありがとう。
あなたの最期まで、誠心誠意おつきあいさせて頂きます(*^_^*) 楽しくいこ〜ね♪
ユニ
2007/06/16 00:22

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
生きてほしいとは思うけど…すべては本人の自由 彼らとオートバイ飛行技術 R/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる