彼らとオートバイ飛行技術 R

アクセスカウンタ

zoom RSS 僕の神の考え方  (てんてんへの反論(*^_^*) )

<<   作成日時 : 2007/10/10 21:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 17

これは、下の記事のコメント内容についての記事です(*^_^*)


人は、今のままで、完全です。この世界・宇宙は神(=創造主、実は自分たちていうか宇宙そのもの)が創ったと仮定します。その神(創造主)によって創られたものが、「不完全」である、と言うことはと、神=不完全なものしか創ることができない不完全な存在。ということになるよ。

創造主なのに。

創造主は、まさに「自分の望むものを創ることができる」のだから、「これこそが、(創造主の考える)完全体」というものがあるのだとしたら、そもそも、完全体を1人創ればそれでOKじゃん。

仮に一人じゃつまんないから、いっぱい創ったのであるとしたら、わざわざ「不完全なものを創って」、「完全なものへ」「修行」させる必要なんてどこにあるの? 

それに、「罪」なんてものや「罰」なんてものがあったとして、なんでわざわざ「自分が創ったもの」に、「罪」と判断したり、「罰」を与える必要があるの? 気に食わないなら、最初から「そう創らなきゃよかった」わけだし、「罰」を与えて直す、必要なんて創造主にはないんだよ。即座に、気に入るように創造すればいいわけだから(*^_^*)


よって、考え方を、根本的に革新する必要があります。


自分たち、いや、およそ存在するものすべて(物質としてだけでなく、思考とか現象とかそういうものも)は、創造主によって「存在することを許されている」。許されているということは、「最初から背負っている罪」などない、また、「罪を誰かに罰せられることもない」

ただし、罪については、”常に”、「罪を背負うのは自分自身がそうしたいから背負う」のであり、また「自分自身が罰せられたいから、自分自身で罰する」のであるということ(参考定義:自分の現実をつくっているのは自分自身)。

また、創造主=創造することができるもの=完全体であることから、その創造主によって創られたもの(被造物)は、完全でしかありようがない。

ただ、なぜこれほどまでに「個体差」があるのか、というと、それは「バリエーション」であり、そのバリエーション自体が正に「創造の理由」。つまり、神=創造主=被造物=宇宙=自分は、そのバリエーションを「楽しむ」ために、違う。つまり、その違いによる「体験・経験」こそが、創造主の意図であり。

よって、体験・経験は等しく価値がある。例えば、善と悪は等価であり、清と濁は等価であり、ポジとネガは等価である。ということ。善なる体験も悪なる体験も等しく同じだけの価値があるということ。ポジティブな感情もネガティブな感情も等しく同じだけの価値がある。

否定するものなどなにもなく。

そもそも「存在」そのものが、すべて「肯定(存在することを許されている)」されている。

そして、すべての「存在」には、その「存在」がなにを「選択するか」ということに対して、「絶対的な自由」が認められている。

僕の「感じる」ことは、状況や環境、境遇、状態には、左右されない。例えば、誰かが熱を出したとして、「ああ、風邪だ、さいて〜」と感じることも「おお! 自然発熱だ! 身体が毒素を出し、より素晴らしい身体に変化しようとしている! 嬉しい!!」と感じることも、本人が「自由に選択」していい。

ガンになったからといって、全員が嘆き悲しむわけではなく。ガンになったことに、感謝する人もいる。

この、絶対的な「選択の自由」こそが、神(創造主)の最大の恩恵、神の資質、即ち「愛」。

つまり神とは「愛」ということになる(そして愛とは「自由」(許容)のことだ)。そして、神=創造主=被造物=宇宙=自分であるから、=で繋がっているものは、愛ということになる。

自分=愛=宇宙=神なので、この宇宙は、正に神そのものであり、また愛そのものであり、また自分そのものである。

ここだけ取り出してみても、自分=完全ということが分かると思います。

また、存在=愛というのも理解できると思います。

この宇宙は「絶対的な自由(=全許容)」という「愛」にあふれ、否、「愛」のみで構成されており、宇宙の構成要素すべて愛。自分は愛であり、自分の周りに広がっている空間も、悲惨な考えも、犯罪もすべては愛でできている。

愛から逃れることはできず、全空間が愛に満ちているていうか、愛そのもの。よって神に守られるとか守られないとかそういうことじゃなくて、常に愛され続け、また愛し続けているということ。

そして愛とは自由である。

つまり、いかなる現実も創造可能である、ということ。また、創造された現実はすべて、価値があり、否定されるものなどない。

ただ、「自分がそうしたい」なら、「そうすればいい」。それが自分の「したい」ことなら、そう「する」しかない。

自分が感じたいものを感じ、受け取りたいものを受け取り、創りたいものを創ればいい。

自分が、自分以外のすべてが「思い通りにならない」ように感じるのならば、それは、自分が自分の完全性を認めておらず、また、自分にはできない、と自分を過小評価しているだけに過ぎない。


でも、実際は、自分は小さく、そして、世界は広大で、現実は硬く、思い通りにならないように感じる。

故に、自分は不完全で、矮小で、「努力しなければ」ならなくて、「頑張らなきゃいけない」と感じてしまう。

そして、自分自身を否定し、努力して、頑張って、自分以外の「なに(もの)か」になろうとする。

ところが、そういった、「努力」や「頑張り」、自分以外のなにか、になろうとすることは、自分自身に対して「自分は、ダメ、で自分自身であってはいけない、不完全な存在である」と言い聞かせ続けることになるので、

それが、信念(信じ込み)・観念(思い込み)・言葉・振る舞いが、すべて「不完全」なものとなる。

よってその「不完全な状態」そのものが、「自分によって創造されてしまい」、自分<現実(世界)という構図ができあがる。

これこそが、無限地獄。そして、その地獄に陥らせている張本人は、自分自身。

必要なのは…

 悟りを目指して努力・修行することではなく!

真に必要なのは…

 自分がすでに「悟り」であると気づくこと!

 自分がすでに完全であることに「気づく」こと!

 自分自身が創造したい現実を”想像”し、それを受け入れること。

 自分の中の、善も悪も等しく価値があり、その両方を受け入れること。その上で、それをバランスさせ、自分が「ほんとうにしたい」「選びたい」ことを選ぶこと。


 悟りに至るのに、必要なものは一切なく

 必要な時間も、必要な場所もなく、必要な要素も、必要な条件も、必要な努力も修行も、必要ない。

 そもそも「悟りに至る」必要すらない。

 ただ、ただ、既に自分が「悟っている」こと気づくこと。

 自分が「悟り」以外の瞬間であったことなんて、そもそもないのだ、と気づくこと。

 つまり、自分が「愛」以外のものであったことなど、一瞬もないのだと、気づくこと。

 そして、神とは自分であることに気づくこと。そして自分以外の全部も神であると気づくこと。

 そもそも自分と自分以外なんてものなんかもないことに気づくこと。



………ふう…なにが言いたいか、分からなくなってきた(^^ゞ って言いたいことは全部言ってるから、とりあえずこんでいいや(*^_^*)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(17件)

内 容 ニックネーム/日時
えっと、反論部分を忘れてた(^^ゞ

てんてんのいう「人は不完全」というのは、厳密には「人(だけでなく全て)は完全であるが、絶対的な自由が完全に保証されているために、人は「自分自身を」「不完全」と定義することができる完全体であり、ほとんどの人が自分を不完全で不十分と自分を定義している」と、言うのが正解です。

なので、てんてんの言う「不完全」も別に間違っている! と否定する気はありません。そもそも「間違っているものはなにもない、すべては正解」という僕の信条がありますし(*^_^*)

ただ、間違っているものはなにもないが、僕はそれを「選ばない」ってことはあります。例えば、殺人とか、戦争、とか。

(*^_^*)
ユニ
2007/10/10 21:35
理屈を並べるより
ただ1人の人を幸せに出来る事の
ほうが自分は幸せかな?
てんてん
2007/10/10 21:36
「幸せ」とは「自分が選び、そして自分自身に与えるもの」です。

究極的には、僕が、誰かの「幸せ」を造ったり、奪ったりすることはできません。

「幸せそうな環境」を整えることはできますが、それをしても「幸せ」とその人が感じてくれなければ意味がありません。

また、僕は、これまで、「自分のできる精一杯で」それを「造ろう、整えよう」としてきました。

僕は、僕の選択・行動の一切を否定しません。ただ、それの結果を参考に、これからの「選択のしかた」を考えることはします。

そして、僕が願ってやまないのは「みんな、幸せ」です。

それに対して、僕にできる精一杯のアプローチは「自分が幸せである」ことです。なぜなら、人の幸せを僕は支配しないから。

愛しているから、幸せを選ぶ自由も、不幸を選ぶ自由も侵害しない。

自分にできることは、自分のことだけ。

幸せな自分を選び続けること、そして、自分自身で居続けること。だけです。

自分以外の自分には僕はなれません。
ユニ
2007/10/10 21:42
もう少し分かりやすく、自分の考えを述べます。

環境や境遇、条件などによって「もたらされた、条件付きの幸せ」は、それらの諸条件が満たされなくなった時、「破綻します」。

また、それらの諸条件が満たされなくなるのでは? と不安や恐怖にかられたりもします。

僕によって、「もたらされる」幸せがあったとしたら、僕によって奪われることもある。

条件付きの幸せ、の行き着く先は、確実な不幸です。

(つづく)
ユニ
2007/10/10 21:53
なぜなら、この宇宙で唯一「変わらない」ことは「変化すること」だからです。つまり、条件付きの幸せは、その条件が変化することによって、実態をあらわします。

なので、真の幸せとは、

「自分自身が幸せ」でいること、です。無条件で「幸せ」を自分に認め、受け入れる、ことです。

すべての現実は自分自身がつくっている…これは、つまり、てんてんが言うところの「たった一人の人」の現実は、その「たった一人の人」が創造していることなので、

たった一人の人、と自分自身とかが、「たまたま同じ道筋で、いる時には」「お互い幸せ」となりますが、

どちらかが、「違う道筋」にいた場合は、片方は「不幸」です。

そして、自分は、自分自身以外には「なれない」ので、努力したり、頑張ったりして、無理やり「幸せな状態」を造ろうとすると

自分自身の手によって、肉体や精神に、壊滅的なダメージを与えてしまいます。それの、端的な例が「うつ」や「ガン」です。

でも、てんてんの言いたいこと、分かりますよ(*^_^*)
ユニ
2007/10/10 21:53
私は奥さんが好きです。
毎日奥さんと会話するのが、
楽しいです。
結婚して20年経ちますが、
楽しいです。
私にとっての幸せです。
奥さんには奥さんの考えが有ります。
私とは違う考えが有り
私は自分の考えを押し付けません。
だから不満も有りません。
だから幸せです。
幸せは自分で作れると思います。
てんてん
2007/10/10 22:07
ん? それでいいんじゃない??
でも、奥さんがいなくなっても幸せであり続けてね(*^_^*)
あと、奥さんが「私はそれでは幸せでない」と言った時は、どうするの?
自分を「努力して」変える?
それとも、「喜んで手放して」あげる?
ユニ
2007/10/10 22:29
僕の葛藤は、「どっちも、それはそれで幸せ」だからかな…。
以前はそうじゃなかったけど…。大小、はあるかもしれないけど…。
あと、どっちが、「自分自身のあるがまま」かってのもあるんだけど…。
でも、現在のすべては、自分自身が創ったもの、として受け止め、
あとは、タイミング、縁に任せます…。
ユニ
2007/10/10 22:34
取り合えず内は内で楽しいです。
まあそれはそれでいいのではないでしょう?
奥さん反論してよといったら、
ユニさんは理屈ぽいからやだ
反論してもすぐ返答が帰ってくるから
面倒くさいもの
と言っていました。
てんてん
2007/10/10 22:36
理屈ぽいのはてんてんも同じじゃなかったっけ?? (くどい、しつこいが同じだっけ?)
だから、いつもヒートアップすんじゃね?
僕ともキトキ君とも、Sくんともマスターとも(*^_^*)

「あと、奥さんが「私はそれでは幸せでない」と言った時は、どうするの?
自分を「努力して」変える? それとも、「喜んで手放して」あげる?」は

スルーですか? (笑)
ユニ
2007/10/10 22:40
てゆーか?
返答しても納得しない人に話してもなー
うざいてゆうか
遠慮します。
内の奥さんとは理屈ぽい話はしません。
すぐご馳走さんご馳走さんと言われて
話が進みません。
てんてん
2007/10/10 22:49
結構面白かった?
親父ギャルコメントでした。
奥さん受けはよかったのですが
ちゃくちゃん
おやすみなさい。
てんてん
2007/10/10 23:07
てんてん、逃げたね(ニヤリ)

核心をついちゃってゴメンネ(*^_^*) 追い込む気はなかったんだけど…。でも、準備が整ったから、現れたってことで…(^^ゞ

しかも、あの時、僕に

「相手を”幸せにする”ために、自分が”努力”しろ」そして「一生、騙し続けろ」「不幸な人をつくるな」なーんて言っちゃったから、答えずらいよねー(意地悪(*^_^*)フフフ)
ユニ
2007/10/10 23:19
あは(*^_^*) 意地悪すぎました?
ユニ
2007/10/10 23:29
ちょっと遊びすぎたかもかもでも真剣に行っても聞かないし、
別に逃げたわけでもないし、でも少し反論
「相手を”幸せにする”ために、自分が”努力”しろ」そして「一生、騙し続けろ」「不幸な人をつくるな」なーんて言っちゃったから、
これは確かに行ったけど

これは貴方がしょうがないじゃんといったことに対するする返答で、
なら私なりの貴方に対する回答です。
私はそんな状況は作らないよ。
だからだます必要もないよ。
てんてん
2007/10/11 13:43
白旗です。
取り合えず。
お互い話し合ってよい方向を見出して下さい。
私が余り口出すことではなかったかも知れません。

てんてん
2007/10/11 21:05
うーん…僕が質問してたこととはズレてるけど…まぁ、いいか。

因みに僕は騙してなんかいないよ。常に自分の真実に忠実であっただけ。

騙し続けるってことは、「ほんとうは、僕はそうじゃないのに、そうであるかのように振舞う」とか「ほんとうは、僕はこんななのに、相手に合わせるために、自分以外の何者かになる」とか「仮面をかぶる」ってことと解釈していましたが、てんてんは、違うニュアンスで喋ってるみたいだね…。

で、相手や状況に合わせて、自分以外の自分になって、仮面をかぶって生きていく、こんなことは、誰だってしている。ただ、僕は、「そんな必要がない」ってことに気づき始めたってだけ(*^_^*) 自分の価値を認め始めただけのことです(*^_^*)
ユニ
2007/10/11 23:44

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
僕の神の考え方  (てんてんへの反論(*^_^*) ) 彼らとオートバイ飛行技術 R/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる