彼らとオートバイ飛行技術 R

アクセスカウンタ

zoom RSS もうやめて(;_;)

<<   作成日時 : 2007/10/17 22:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

自分を否定されるのは、とてもしんどいものです。

それが特に、信頼を寄せている相手からならなおさらのこと。

ただ、僕は、子供の頃から、ずっとそうでした。


手放しで僕を受け入れてくれる存在はありませんでした。いや。あったのかもしれません。

でも今は思い出せない…。


ただ、僕は、昔から、常識に対峙してきたし…

バカで無鉄砲でわがままで、

こうと思ったら、きかない、結局は自分の思い通りにしてしまう…


今回の件の風当たりはやはり相当なもので…

事前に僕の仲間を巻き込ませてもらったから、まだ耐えられるものの…

なんの準備もなしに

僕を無条件に受け入れてくれそうな存在たちに対峙していたら

やられてしまったようにも思います。


父か、父のような人、母かわりの人から

「あなたの決めた道だから、選んだ道に間違いはないよ、

どんな選択もすべて正しいよ、だから、あなたの好きにすればいいよ」と言ってほしかったなぁ〜(;_;)


僕が親になったら、子供には、ぜひ言ってあげたい


実際は、呪いの言葉、脅迫、常識の押し付け、ステロタイプな言動…

ただ…やっかいなのは…それが、僕の身を案じての気持ちがまじってること

ただ、自分自身と「対峙」する勇気が自分にないから

自分自身を「正当化」する為にその「象徴」である僕を否定する、というのも感じるけどね…


こういう「圧力」や「抵抗」は

上昇する為の「浮力」として機能してくれる、ありがたいものである

ってのは、頭の中でわかっていて…

そして、これまでは、自分もそのように、圧力や抵抗を浮力にしてきたんだけど…


今回ばっかりは、ちょっと凹み中…。


あらためて…

常識というか、自分自身の「あるがまま」で生きることができてない「大人(イヤミ)」たちに

うんざり…orz


疲れた…

涙も枯れたよ…

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
「圧力」や「抵抗」は予想できたことじゃんか。
今が踏ん張りどころだよ。
「あなたの決めた道だから、選んだ道に間違いはないよ、
どんな選択もすべて正しいよ、だから、あなたの好きにすればいいよ」
これはさ、現実的にはなかなか言える事じゃないよ。いろいろなしがらみも建前もあるだろうしさ、普通は。自分でもわかってるっしょ?
今、踏ん張らなきゃね!
しっかり!
2007/10/18 01:15
踏ん張るにあたっての、地面がどこか分からないってところかな〜?!
なにを根拠に踏ん張っているのかが、揺らいでくるんだよね?!
これまで、僕は自分の哲学を否定したことはなかったけど、
一般常識人にここまで受け入れられないものだったっけ…ってちょっと、驚いている。
みなが、「激しい拒否反応」を示すのは、それだけ、その人たちが、「ぼちぼちの幸せ」で、無理やり自分を納得させているってことだよね…。
自分が、踏ん張りきれないのは…
自分自身のポジションが見えていないからなのかも…
周りの人に言わせると、見えてるみたいなんだけどねぇ〜(*^_^*)

ありがと〜。明日よろしく〜(謎)
ユニ
2007/10/18 02:09
ありがとね〜(;_;)
地に足をつけて
自分のセンターを見失わないようにして
今、というこの瞬間に限りなく集中していきます。
ありがと〜
ユニ
2007/10/18 03:05

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
もうやめて(;_;) 彼らとオートバイ飛行技術 R/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる