彼らとオートバイ飛行技術 R

アクセスカウンタ

zoom RSS あるがまま

<<   作成日時 : 2007/11/22 02:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

自分を愛することができるものは、人を愛することができる

人を愛することができるものは、自分を愛することができる


自分を信頼することができれば、人を信じることができる

人を信じることができれば、自分を信頼することができる


自他はつながっているから…

イコールだから…


要はそのバランスをとること…


ただもっと重要なのは…

頭がつくり出した、自分のイメージを

自分と思うんじゃなくて…

ふと立ち止まった時、

美しい景色に心を奪われた時

なんかの自分…

素直で、力強く、恐れもなく、感動と、喜びと、平和と、愛の中にいる自分

その自分で生きること…その自分であること

その自分であり続けること…


あるがままの自分とは…

自分が作り出した、頭の中の自分

翻弄される自分ではなく

その奥にある、広大無辺な自分のこと…

その自分を感じて生きること

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お久しぶりです。お元気でしたか?
本当に難しいことを考えていますね。
でも、本当は簡単な事なのかも知れませんね。
よく分からないけど、自分を見失ってしまう時があっても
自分じゃないと思う時があっても良いと思います。
これが自分だなんて断定してしまうのは、とても寂しくて
苦しい事じゃないかななんて考えたりしてしまいます。
人は、裏と表、光と闇があって普通なんじゃないかなって
思っています。そのどちらの考え方が自分に近いかで方向性が
決まるんじゃないかなと・・。よく理解できてないかも
知れないけど考えることは、悪いことだとは思わないけど、
自分を責めるのは、止めたほうがいいと思いますよ。
きっと、誰も悪くは無いと思うから・・・。(^−^)


さくら
2007/11/26 00:31
お久しぶりです(*^_^*)
そうですねぇ〜、最近はもう見失いっぱなしですよ、ほんと(^^ゞ
光と闇、どちらにも極端に振れていくと、そのどちらもが、自分であって、自分ではないってことが分かってきました。
結局のところ…僕は、自分の頭の中のささやき声を自分だと思っていたのですが…、どうやら、それは、ちょっと違うな…と…。
自分の頭の中のささやき声を観察する自分がいる…善悪や清濁や明暗をこえたところにいる
広大無辺な広がりを見せる意識…の部分。
それに繋がっているときはいいのだけれども、頭の中のささやき…つまりは思考に囚われると…今の現状は非常にきついものが…
ただ、思考以外の部分は、全自動で、僕のゴーストの計画をすべて実行しているようなので…もうお任せ状態だけど(お手上げ?!)(*^_^*)
わけわかんないRESでごめんねぇ。
ユニ
2007/11/26 01:54

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
あるがまま 彼らとオートバイ飛行技術 R/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる