彼らとオートバイ飛行技術 R

アクセスカウンタ

zoom RSS だんだん 分からなくなってきた

<<   作成日時 : 2008/07/01 21:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

だいたい そうなんだけど

はじめたばっかりの頃は、結構、成長や進化が感じられるんだけど

しばらくすると、停滞したような時期があって、

しかも、「あれ? 前よりも下手になってる?」とか思ったりもして


で、おかしいな…と思って、さらにしばらくすると

一気に、「上手く(成長)」なってたりする。


今の自分もそんな感じかなぁ?

停滞期ね


そういう時は、じたばたしないで、ゆっくり 休むのが吉だね


2、3年前にやっと「自分には波がある」ってことに気づいたけど


まぁ、波はあるんだろうけど… 必要なんだろうけど…

その波の「位置」自体は底上げできるというかね。


下げの波のときは…

 ・ 自分が常に愛されていると感じることができない

    → 表現を変えると、神との一体感を感じていない
     → もう少し帰ると、神を自らが、「遠ざけている」「背を向けている」

これは「不安・恐怖」に捉われて、自分のコントロール権を委譲してしまっている時に起こる現象。

 ・ 自分が神であるということを感じることができない、他のものも同様

    → 表現を変えると、神は愛 だね。

これも、そう。


これは、技術的な側面を含むので

 そんな時には、「言葉」や「ふるまい」なんかを意識するしかないかな?

「信じていること、思い込んでいること」はなんなのか、答えは「現実」に現れているから

カンタンだよね。


でも、カンタンに思えないだろうから…

やっぱり 一番カンタンなのは「言葉」か


あ〜 今日もいい日だ、ついてる、ついてる でもいいし

ひたすら ありがとう でもいいし

気持ちがこもっていようがいまいが、とにかく「言う」ことが大切だね

特に日本人としては…

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
私は高校の頃には友達に私には波があるとか言ってた。そういえば、周波数とかなんとか発言してたような…記憶がよみがえってきたぞ。なんて表現してたんだっけ?それなのに、ユニさんのようには何も考えてきてなかったな。ネガ改名!
ポジ
2008/07/03 00:14
バイオリズムだ!!
ポジ
2008/07/03 00:16
おお〜 バイオリズム 懐かしい〜(^^)
うちにも バイオリズムが計算できる「電卓」があって、よく遊んでたなぁ。

この世界のすべてが「波」だからね。

月の満ち欠けは、海の「波」にも、人の「波」にも影響してるし(実際、満潮の時は、海と陸と同じ比率の「人の中の血と肉・骨」も同じように満潮になるし)、あらゆるものには周波数があって、その周波数の違いによって、「見えている」ものが違う…

石はなぜ石なのかという、「石の周波数を出している」から。

人も同じで、周波数によって、体験する現実も見えてくるものも変わってくる。

人は、毎瞬、毎瞬、僅かながらも周波数が違っており、一瞬たりとも「まったく同じ」なんてことはないんだよね。
ユニ
2008/07/03 17:37

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
だんだん 分からなくなってきた 彼らとオートバイ飛行技術 R/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる