彼らとオートバイ飛行技術 R

アクセスカウンタ

zoom RSS 幸せと豊かさとニーズ その2

<<   作成日時 : 2009/01/20 23:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

というわけで、報復の記事を書きます(笑)

店長曰く、「自分が幸せと感じる事が出来れば、それは即ち幸せであると思う。生きてるだけで幸せだと思う。」

とのこと。これには僕も異論はないどころか、まったくもって賛成です。


次に、僕のとりあえずの目標(夢)の、大金持ち(投資・投機活動を経て)について、そんなんじゃ空しくない? って文章が続きます。

これについては後で述べます。


最後に「私は健康で有る事に感謝してこれは努力やお金では買えない、買えない物が有るのだから幸せだと思える自分の気持ちが、自分にとって幸せであると思う。」 

これも、別に反論する気もないし、僕も似たようなもんです。


では、こっから、僕の意見を書きましょう。


僕にとって幸せの定義とは

 「自分が幸せと感じること」

そして、「健康や家族・友人、生きていること」に対しては、「感謝を感じ、また幸せも感じます」

ただ、これはあくまで大前提で、こういうことに幸せを感じたり、うんぬんってのは、今はちょっと食傷気味っていうか…

つまりね、朝、目が覚めて「ああ、今日も生きてる、幸せだなぁ」 家族にあって、「ああ、幸せだなぁ」 通勤して、車をおりるときに「ありがとうね」 なんてこともやったりしました。今でもやったりしてます。また、一日を終える際に、今日という日に感謝して、自分の幸せに対して、感謝してってことも、そう。これはけっこう子供のころから、してた。習慣でお祈りしてたってだけだけどね。

これは、これでいいんだよね。で、こういった、大前提の幸せに対して、それに気づき、感謝し、感じる。それはとても重要なことで、大切なこともわかってる。そして、実践もしている。

ただね。僕が言いたいのは…

 1. 健康で仲間がいて、家族がいて…だけど、貧乏で、いつもお金を節約することを考えている

 2. 健康で仲間がいて、家族がいて…そして、お金持ちで、いつも豊かさと分かち合いの中に生きている

だったら、2を選ぶってこと。


今、ある幸せに気づき、感謝し、かみしめる。それはそれですばらしい。だけど、人生はそれだけじゃない。

もっと、豊かになっていいんだよ。もっと、豊かであっていいんだよ。


精神的にも物質的にも豊かになっていいんだよ。そして、それが、本来のあり方なんだよ。

シンプルに考えればいい。

お金がない、よりも、あったほうがいい。それだけなんだよ。

不思議なことにみんな「あまりたくさんのお金はいらない」「必要な分だけあればいい」「お金で買えないものがある」(でもそういうあなたもお金で買えるもので生活してる)とか

「お金がいっぱいあると、心が悪くなる」「お金がありすぎるのは、よくないことだ」なんていう人がいまだに後をたたない。

お金によって、生活して、お金によって、生きている。のに、お金に対して、「悪の根源」みたいなイメージだったり、お金に対して、悪口を言ったりする。

お金はエネルギーだよ。水と同じ種類のもの。

水によって生活し、水によって、生きているのに、水の悪口を言うのと同じこと。

悪口言うから、お金に嫌われるんだよ。誰だって悪くいう人のところより、好きっていってくれる人のところに行きたいもんだよ。それは、お金も人も同じこと。


お金のことはおいておいて、豊かさについて話そうか。

もっと、豊かであってもいいんだよ。際限なく豊かになっていいし、満足したら、それでやめればいい。

夢があったら叶えればいい。どんな夢でも、自分が達成可能だとほんとうに思うものは、もうその時点で、既に達成している、あとは、やり方を間違えなければいい。

前の記事でも書いたけど

 大目標に対して、中目標とか…そのためには、なにが必要かを繰り返すなんて馬鹿げてる。

それは、ゴールに対して逆走するようなもの。

あと、努力したり、頑張ったりするのも同じ。逆走だ。


もっとシンプルに、自分という神を信じ、宇宙を信じるほうが早い。

やり方は、「条件を手放すこと」 〜のためには、〜が必要だ。これは落ちてくる水(豊かさ)を両手で救えばいいだけなのに、手を握り締めることになる。「必要条件はなければないほうがいい」

次に、「そうなったらどんなに自分が豊かで幸せか」をイメージし、実際なったときのことを感じること。

逆にやっちゃいけないのは、今を否定すること。つまり「僕はこの仕事を辞めて、ほかの仕事をしたい、なぜならば今の仕事はここがこうで、ほんとの僕はこんなじゃなくて」なんてやってたら、今の仕事は辞められない。

最後に、自分の直感とわくわくする気持ちに従って、動くこと。

たったこれだけ。


ここは、「修行の場」でも「学びの場」でもないんだよ。みんな勘違いしてる。僕も勘違いしてた。

そうじゃないんだ。

ここは「より豊かになるための場」「より楽しむ場」「なにが望まなくて、なにを望んでいるのか、明確にし、そして望んでいるものを味わって気分よくなるための場」なんだよ。

前にも書いたけど


世界は、改善も救済も必要としていないんだよ。

悟りなんて、まったくの不要だよ。だって、すでにみんな悟ったところからきてるんだから。どうでもいいんだよ。

もちろん探求するのはエキサイティングだから、それをやるなとはいわないよ。でも思ってるよりもカンタンに悟れるし、また、悟ったと思ったってすぐにまた元に戻るんだよ、そんなことにはあまりこだわらないほうがいいとは思うね。

もっと、リラックスして、もっと、人生を楽しむべきだよ。

僕たちは、基本的に、健康で、そして、豊かさを味わいたいだけ、味わっていい存在なんだよ。ていうかそれこそが使命なんだよ。

わかるかなぁ? 

ま、人それぞれ、いろんなゲームを楽しんでるからね、豊かさを味わいたくないゲームを楽しんでる人はいっぱいいるから、それならそれでいいよ。

僕は、より豊かで、より楽しく、最大限の幸福を追求するゲームを楽しみたいだけなんだよ。

そして、それこそが、周りを明るくハッピーにすることだと思ってる。”最終的”にはね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
幸せと豊かさとニーズ その2 彼らとオートバイ飛行技術 R/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる